東大・京大の注目投手がプロ志望届提出、東大・井澤投手は「後悔のないように」

大学野球ドラフトニュース 2022年ドラフトニュース

大学生では、プロ志望届提出者に東大の井澤駿介投手と、京大の水口創太投手が新たに掲載された。

スポンサーリンク

「後悔のないように」

東大の井澤駿介投手は、180cm83kgの体のある右腕投手で最速は143キロを記録する。リーグ戦では2年春から出場し、31試合に登板して1勝16敗となっているが、強豪大を相手に好投を見せる試合も少なくなく、東大のエースとして他大学を恐怖させている。

プロ志望届を提出したことについて、「いろいろな意見があるとは思いますが、後悔のないようにと考えました」と話した。様々な進路も考えられる中で、まずはプロ志望という選択肢を選んだ。あとはプロ側の評価を待つのみ。

また、京都大の水口創太投手は194cm94kgの体から最速152キロの速球を投げ、プロのスカウトも驚く球を投げている。医学部で学んでおり、今年春は病院の実習のために調整不足で球速が145キロにも届いていなかったが、秋初戦の同志社大戦では149キロを記録しスピードが戻ってきていた。

昨年から強いプロ志望の意思を明らかにしており、育成契約でもプロ入りしたい考えで、高いポテンシャルなどが評価されて下位、または育成ドラフトでの指名がありそうだ。

他にも名古屋大の本田健悟投手は151キロの球を投げる投手としてプロが注目しており、同じく名古屋大の横井文哉投手とともにプロ志望届を提出している。

2022年大学生プロ志望届提出選手一覧
2022年の大学生のプロ志望届提出選手の特徴を簡単に紹介します。9月30日に9名が掲載され、合計165名となりました。
東大・井沢駿介がプロ志望届を提出「後悔のないようにと」東大では17年宮台康平以来 - アマ野球 : 日刊スポーツ
東大の最速143キロエース右腕、井沢駿介投手(4年=札幌南)が8日、プロ志望届を提出した。東京6大学秋季リーグ開幕に向けた会見が都内で行われ、出席した。東大か… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)
京都大の最速152キロ右腕・水口創太がプロ志望届…育成契約でもプロ入り目指す:中日スポーツ・東京中日スポーツ
京都大の最速152キロ右腕、水口創太(みなくち・そうた)投手(4年・膳所高)がプロ野球志望届を提出し、全日本大学野球連盟が8日に発表し...
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント