巨人スカウトが現地で浅野翔吾選手を視察、「どこまで順応できるかは非常に大切」

高校野球ドラフトニュース 2022年ドラフトニュース 侍ジャパン 巨人ドラフトニュース

フロリダ州で行わるU18W杯で、視察のために派遣をされている巨人の岸スカウトが早速、高松商の浅野翔吾選手の打撃練習を視察した。

スポンサーリンク

打撃練習を視察

公式練習は雨のために室内練習場に移して行われたが、フリー打撃では浅野翔吾選手は鋭い打球を飛ばした。この模様を視察した巨人の岸スカウトは「浅野君もしっかりと調整できている。身長を感じさせないぐらいの力を持っていることが最大の魅力」と話した。

木製バットで打球を飛ばすために、すり足から足を上げるフォームに改造中で、「しっかり木のバットでアピールして、今までの中で一番いい評価をしてもらえれば」と話す。

また、山田陽翔投手は、「世界一になるという強い気持ちが大事になってくる。体力面や技術面で他の国に劣る分、気持ちの面で劣らないように」と決意を示すと、岸スカウトは「プロ野球にしても、場所も環境も変わる中でやらないといけない。どこまで順応できるかは非常に大切になってくる」と話し、今大会でこれまで経験のないスタイルでの野球や、木製バットなどの対応力がどれだけあるかもチェックする。

現在、初戦のイタリア戦が行われており、雨のために開始が1時間以上遅れ、また現在も雨で中断しているが、初回に1番の浅野選手がいきなり二塁打を放ち、3番・松尾汐恩選手の犠牲フライで先制点を奪うと、2回には1アウト満塁の場面で浅野選手が2点タイムリーヒットを打つなど、6点を奪っている。

侍ジャパンU18日本代表メンバー(2022)
2022年9月9日にアメリカで開催が予定されるU18ワールドカップの、侍ジャパンU18代表が発表されました。選手の特徴などを紹介します。(8月22日更新)
2022年度-高校生外野手のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
【高校日本代表】高松商・浅野翔吾にGスカウト熱視線「身長を感じさせない力を持っていることが最大の魅力」
 【サラソタ(米フロリダ州)8日(日本時間9日)=中野雄太】9日(同10日)開幕の第30回U18W杯で初優勝を目指す高校日本代表が、公式練習に臨んだ。1番打者を務める今秋ドラフト上位候補の浅野翔吾外野

巨人・岸スカウトは浅野らを視察するため太平洋を渡り、この日朝に現地入り。「浅野君もしっかりと調整できている。身長(170センチ)を感じさせないぐらいの力を持っていることが最大の魅力」と話した。

U18W杯開幕 日本-イタリア 浅野がいきなり二塁打 5回まで6-0でリード/速報中 - 高校野球 : 日刊スポーツ
U18W杯が開幕。1次ラウンド初戦、日本はイタリアと対戦。日本の先発は最速148キロ右腕の生盛亜勇太(せいもり・あゆた)投手(興南)。1回表、ドラフト1位候補… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント