明治大2年・宗山塁選手が2本塁打5安打7打点、プロスカウト「今年のドラフトでも1位」

2024年ドラフトニュース 大学野球ドラフトニュース

東京六大学の明治大vs早稲田大戦では、明治大の2年生ですでにプロが注目している宗山塁選手が、2本塁打を含む5打数5安打7打点と大暴れを見せた。

スポンサーリンク

「今年のドラフトでも」

まだ2年生なのが惜しい。宗山塁選手はこの日、初回に先制の犠牲フライを打つと、5回ノーアウト2,3塁の場面で145キロのストレートをライトスタンドに運び、8回2アウト1,2塁の場面でも116キロの変化球に対応し、ライトスタンドに再び3ランホームランを放った。

その他にもセンター前ヒット、三塁内野安打、ライト前ヒットを打ち、5打数5安打7打点、2本塁打の離れ業を見せた。「自分の前の打者が打ちやすいようにランナーがいる状況にして、つないでくれている」と話した。

宗山選手は遊撃手で、広陵高校時代からその守備にも定評があり、春には24安打、打率.429で首位打者に輝いている。すでにリーグ通算を54安打とし、通算最多安打記録の明治大・髙山俊選手の131安打の更新も期待できるほか、これまで通算6本塁打とホームランの方でも期待ができそうだ。

今年のドラフト候補を視察し評価しているNPBスカウトも「今年のドラフトでも1位」と話す宗山選手、強打の遊撃手がプロ入りする2年後が待ち遠しい、そんな選手だ。

2024年度-大学生のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
「今年のドラフトでも1位」明大2年宗山塁が止まらない 3ラン2本、5安打7打点で早大に連勝 - アマ野球 : 日刊スポーツ
今春リーグ首位打者の明大・宗山塁内野手(2年=広陵)が、3ラン2本を含む5打数5安打7打点と大暴れをみせた。17-4で早大に大勝。2連勝で勝ち点を2に伸ばした… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

中前打、三塁内野安打、右前打と、広角に打つ持ち味を発揮。ドラフト対象は2年後だが、NPBスカウトからは「今年のドラフトでも1位」の声が多数挙がる逸材だ。

明大・宗山 5安打2発7打点 ヤクルト・丸山和先輩を刺激に大勝 - スポニチ Sponichi Annex 野球
 2回戦2試合が行われた。明大は3番・宗山塁内野手(2年)が2本の3ランを含む5安打で7打点を記録するなどチーム計15安打の猛攻で17―4で早大に大勝。連勝で勝ち点を挙げた。前日に引き分けた慶大は立大を2―1で下して1勝1分け。きょう27日は3回戦1試合が行われる。

前夜は同じ神宮で、3学年先輩でOBのヤクルト・丸山和がリーグ優勝を決めるサヨナラ打。前日の試合前には丸山和がチームにあいさつに訪れていた。宗山は「一緒にプレーした選手で身近な存在。刺激になった」と笑顔を見せ、「これからも目の前の一打席、一球の大切さを感じながらやりたい」と力を込めた。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント