慶応大・山本晃大選手がフェンス直撃二塁打、1浪して慶大入学し次は目標のプロを目指す

大学野球ドラフトニュース 2022年ドラフトニュース

東京六大学リーグでは慶大vs立大の試合が行われ、慶応大は初回に萩尾匡也選手の二塁打で先制すると、5回1アウト1,2塁の場面で山本晃大選手がフェンス直撃の二塁打、1点を加えてこれが決勝戦となり慶応大が勝利した。

スポンサーリンク

一浪で慶大入り

山本晃大選手は浦和学院高校出身で、大学進学時に野球を続ける上で進路は十分あると思われたが、「1~4年まで、監督やコーチも含めてファミリーのような部活に感じて、そういう所でやりたいと思った」と慶応大野球部入りを希望し、1浪して入学を決めた。

「同期が大学でプレーしているのを見たり、元チームメートがプロで活躍するのを見てしんどいこともあったけど、自分で選んだ道」と高校時代に同学年だった選手が1歩先を歩んでいたが、堀井監督も「我慢強く、コツコツ野球に取り組む選手。よく我慢したなと思う」と話すように努力を重ね、今年春に2本塁打、17安打で打率.340を記録して素質が開花した。

そして山本選手はプロ志望届を提出した。「チームで優勝したいので、そのために自分が何をできるか。目標に近づければいいかなと思います」と話し、堀井監督も「走攻守そろった身体能力が高い選手。」と話す。

大学での活躍がやや遅く今春にブレークしたが、この秋にどこまで近づいて行けるか、山本選手の挑戦が続く。

2022年度-大学生外野手のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
慶大・山本晃大の二塁打が決勝点 浪人経て4年生でレギュラーつかむ「チームで優勝したい」 - アマ野球 : 日刊スポーツ
慶大が接戦を制し、1勝を挙げた。先発の外丸東真投手(1年=前橋育英)が低めに集める丁寧な投球で8回を無失点に抑え2勝目を挙げた。外丸の好投に、プロ志望届を提出… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

山本は23歳。「1~4年まで、監督やコーチも含めてファミリーのような部活に感じて、そういう所でやりたいと思った」と浦和学院から1浪して慶大入り。浪人時代は、毎日7~8時間の勉強と自主トレを欠かさなかった。「同期が大学でプレーしているのを見たり、元チームメートがプロで活躍するのを見てしんどいこともあったけど、自分で選んだ道」と努力してきた。4年になってレギュラーをつかみ、堀井哲也監督(60)は「身体能力が高い。我慢強く、コツコツ野球に取り組む選手。(4年まで)よく我慢したなと思う」と話す。

【大学野球】慶大・山本晃大が決勝二塁打 浪人経て入部「慶大で野球がしたかった」
 初戦を引き分けた慶大は、1年生の外丸東眞投手(前橋育英)が、7回2/3を3安打1失点で試合を作った。打っては、初回2死三塁から4番の萩尾匡也中堅手(4年=文徳)が右翼線に適時二塁打を放ち先制。5回1
慶大・山本 プロ入りへアピール打「ずっと目標にしていた。近づくように」 - スポニチ Sponichi Annex 野球
 プロ志望届を提出した慶大の5番・山本が貴重な追加点を生んだ。1―0の5回1死一、二塁で右翼フェンス直撃の適時二塁打。「(先発の)外丸を助けたい気持ちだった」と振り返った。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント