花巻東・佐々木麟太郎選手が89号、90号本塁打で岩手県営球場に別れ

高校野球ドラフトニュース 2023年ドラフトニュース

秋季高校野球岩手大会は決勝が行われ、花巻東が佐々木麟太郎選手の2本塁打などで専大北上を突き放し、13-3で勝利し優勝した。

スポンサーリンク

2本塁打

佐々木麟太郎選手はこの日、3番ファーストで出場すると、初回の第1打席にレフトフェンス直撃の先制タイムリー2ベースヒットを打った。

これで乗ると、2回の第2打席ではライト前にタイムリーヒット、そして3回にはバックスクリーン左に89号3ランホームラン、6回の第4打席ではライトスタンドに90号ホームランを放った。第5打席はサードフライだったが、5打数4安打6打点の大活躍を見せた。89号ホームランについては「泳がされることなく打てた」と逆方向への当たりだったが打球がぐんぐん伸びた。

これで今大会は14打数10安打3本塁打10打点、手がつけられない状況となり岩手大会優勝に貢献した。またこの日は、移転のために来年3月に閉鎖される岩手県営球場の高校野球主要大会のラストゲームとなり、佐々木選手は「小さい頃から県営球場で先輩方の試合に何度も足を運んできた。実際にプレーできて幸せでした。熱く長い歴史をつくってくれた県営球場に感謝して誇りに思っています」と話した。

県営球場に2本塁打で別れを告げた佐々木選手、次は東北大会で火を吹き、来年のセンバツで甲子園でのホームランを期待したい。

2023年度-高校生のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
花巻東・佐々木麟太郎 2発で高校通算90号“大谷時代”超え4度目の県Vけん引 - スポニチ Sponichi Annex 野球
 新怪物が衝撃の2発だ!今春選抜に出場した花巻東(岩手)が秋季県大会の決勝で専大北上に13―3で勝利し、昨秋に続く連覇を達成。佐々木麟太郎主将(2年)は「3番・一塁」で出場し、2戦連発となる高校通算89号&90号を放つなど4安打6打点を記録した。老朽化で高校野球の主要大会は最後の開催となった岩手県営野球場でど派手な活躍...

菊池雄星、大谷翔平、佐々木朗希…。怪物たちは、この岩手県営野球場で数々の伝説を刻んだ。その球場で行われる高校野球の主要大会におけるラストゲーム。佐々木麟が活躍するのは必然だった。

 「小さい頃から県営球場で先輩方の試合に何度も足を運んできた。実際にプレーできて幸せでした。熱く長い歴史をつくってくれた県営球場に感謝して誇りに思っています」

佐々木麟太郎2年の9月で90号 111本清宮幸太郎は3年の5月に90号/高校通算本塁打ペース - 高校野球 : 日刊スポーツ
花巻東の2年生スラッガー、佐々木麟太郎内野手が、来年3月で閉鎖される岩手県営野球場での公式戦ラストマッチを「サイクル超え」の打撃で締めくくった。3回に高校通算… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント