専修大・菊地吏玖投手が7回無失点、12球団から調査書届き矢澤投手にライバル心

大学野球ドラフトニュース 2022年ドラフトニュース

専修大でドラフト上位候補に名前の挙がる菊地吏玖投手が、東農大との試合で先発し、7回6安打無失点の好投を見せて勝利した。ドラフト会議に向けて日体大の矢澤宏太投手にライバル心を見せた。

スポンサーリンク

北海道出身

菊地吏玖投手はこの日、東農大打線を相手に7回を無失点に抑えたが、奪った三振は1つのみで、スライダー、カーブ、フォークなど多彩な変化球で相手を翻弄し、11個のアウトをフライで奪った。「1、2番打者には打たれても、他を打たせなければと思っていた。三振はとれなかったけど早打ちしてくれ、点をとられずに投げられた。」と話した。

ドラフト会議が1週間後に迫ってきたが、菊地選手には12球団から調査書が届いており、上位候補に名前が挙がる。ドラフト会議前の試合はなく「20日に集中できるなと、終わった瞬間にほっとしました」と話した。

北海道出身で地元の北海道日本ハムが日体大の矢澤宏太投手をドラフト1位指名することを公表したことについて、北海道日本ハムは「矢澤くんらしいと聞いていた」と話し、「ドラフトの順位は大事だけど、入ってからが勝負だと思っている。」と話した。そして「自分も当たれば飛びます」と札幌大谷時代に10本塁打を放っており、二刀流の矢澤投手にライバル心を見せた。

ドラフト会議では3位前後での指名と予想する。ドラフト当日の指名に注目が集まる。

2022年度-大学生投手-右投のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
専大・菊地吏玖、ドラフト前最終登板で7回6安打無失点「終わった瞬間にほっとした」東都2部 - アマ野球 : 日刊スポーツ
専大のドラフト上位候補右腕・菊地吏玖投手(4年=札幌大谷)が、20日のドラフト会議前最後のリーグ戦に先発登板。7回を6安打無失点に抑えた。最速152キロ右腕は… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

前日11日には、大学日本代表でチームメートだった日体大・矢沢宏太投手(4年=藤嶺藤沢)が、日本ハムに1位指名を公言された。菊地吏が高校まで過ごした地元、北海道を拠点とする球団の公表だったが「順位はもちろん大事ですが、NPBに入ってからが勝負。自分はそういう選手だと思っています」と話した。

ドラフト上位候補、専大・菊地吏玖が7回無失点の好投 「順位は大事だけど、入ってからが勝負」 - スポニチ Sponichi Annex 野球
 投打のかみ合った専大が快勝。2勝1敗で勝ち点4とし、単独首位を守った。
専大、菊地吏がドラフト前最後の登板で7回無失点 東農大に2勝1敗/東都2部
東都大学野球2部秋季リーグ第4週第4日(東農大1-7専大、12日、UDトラックススタジアム上尾)専大は、一回に4連打などで4点を先行し、二回にも2点を加え逃げ切…
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント