大阪桐蔭が大阪大会優勝、前田悠伍投手・小川大地選手などに8球団視察

高校野球ドラフトニュース 2023年ドラフトニュース 巨人ドラフトニュース 横浜DeNAドラフトニュース

大阪桐蔭が大阪大会決勝で履正社を7-0で下し優勝した。前田悠伍投手が13奪三振完封し、注目の小川大地選手もホームランを放った。この試合には巨人など8球団のスカウトが視察した。

スポンサーリンク

8球団が視察

スカウトが来年の候補に注目をしている。

大阪桐蔭の前田悠伍投手はこの日、146キロを記録したストレートと、ツーシーム、カットボールを使った投球で9回7安打13奪三振完封、無四球で、6者連続奪三振も記録した。「1~9回まで一球一球、魂を込めて投げられた。80~90点。秋の中では一番良かった」と話す投球で、大阪のライバル・履正社を圧倒した。

「昨秋から夏まで結構、チェンジアップを投げていたので、相手は決め球と思っているんじゃないか」と話すクレバーな投球に、西谷監督も「周りを見て、自分の投球をしてくれた。頼もしかった。」と話した。

またこの日は、1番ショートで出場した小川大地選手が、4回にレフトオーバーの高校通算6号ホームランを放つなど、3安打3打点の活躍を見せた。182cmの大型内野手で、小学6年時に横浜DeNAベイスターズジュニアでプレーした選手。スケールの大きな遊撃手として注目される。

この日は巨人など8球団のスカウトが姿を見せ、来年のドラフト候補となる前田投手、小川選手をチェックしていた。今年のドラフト会議では松尾汐恩選手がドラフト上位指名と予想され、海老根優大選手、川原嗣貴投手の指名も注目されるが、来年もまた、大阪桐蔭の選手が注目されることになりそうだ。

大阪桐蔭高校のドラフト候補選手の動画とみんなの評価
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
2023年度-高校生のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
【高校野球】大阪桐蔭がPL超えの史上初秋4連覇 前田悠伍が13Kで履正社完封
 大阪桐蔭が履正社を破り、史上初の秋季大阪府大会4連覇で11度目の優勝を飾った。桑田真澄、清原和博らを擁した1983~85年のPL学園、87~89年の近大付、2009~11年の大阪桐蔭を超えた。来秋ド

ツーシームとカットボールの割合を増やし、決め球には最速146キロを計測した直球を選んだ。「昨秋から夏まで結構、チェンジアップを投げていたので、相手は決め球と思っているんじゃないか」。裏をかき、視察した巨人など8球団のスカウトをうならせた

【高校野球】新チームも大阪桐蔭の1番は強力 小川大地がソロ含む3安打3打点 プロスカウト陣もチェック
 大阪桐蔭が史上初の秋季大阪大会4連覇を飾った。「1番・遊撃」の小川大地(2年)が3安打3打点と活躍した。2回1死一、三塁でスクイズを決めると、4回1死で左越えに高校通算6号のソロ本塁打をマーク。6回

182センチ、77キロの右打者は横浜市の出身。小学6年時にDeNAジュニアに選出され、中学時代は中本牧シニアでプレーした。大阪桐蔭では1年秋に初めてベンチ入りし、視察した8球団のスカウトもチェックしていた。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント