中日の立浪監督は1位指名公表せず

中日ドラフトニュース 2022年ドラフトニュース

中日の立浪監督は、初めて臨むドラフト会議について1位指名を公表しない方針を明らかにした。

スポンサーリンク

公表しません

巨人が高松商の浅野翔吾選手、福岡ソフトバンクが誉高のイヒネイツア選手のドラフト1位指名を公表したのに続き、昨日は埼玉西武が早稲田大の蛭間拓哉選手、北海道日本ハムは日本体育大の矢澤宏太選手の1位指名を相次いで公表した。

これについて中日の立浪監督は「早めにいえば単独で獲れそうな感じで公表しているのかな」と分析したが、「ここ数日で決めないといけませんが、今年は公表しません」と話し、1位指名の公表はしない方針を明らかにした。

スカウト会議では東芝の吉村貢司郎投手、白鴎大の曽谷龍平投手、中央大の森下翔太選手、苫小牧中央の斉藤優汰投手、誉のイヒネイツア選手の5人がドラフト1位候補に挙げられており、イヒネ選手を指名すれば重複が確定している。

右の投手なら吉村投手、左の投手なら曽谷投手、将来のエース候補なら斉藤投手。スラッガーの外野手なら中央大の森下選手、将来性を含めた遊撃手ならイヒネ選手、そしてこれから視察する予定と話す明治大の村松開人選手が候補となりそうで、補強ポイントによって1位指名が決定すると見られ、立浪監督の判断が注目される。

2022年ドラフト指名予想
 2022年ドラフト指名予想です。
中日ドラゴンズのドラフト指名予想
中日ドラゴンズ公式ページ 中日ドラゴンズ関係スレッド型掲示板 中日ドラゴンズの過去のドラフト指名一覧 中日ドラゴンズ/ドラフト最新記事 以前のニュースはこちら 補強ポイント分析...
【中日】ドラフト初参戦の立浪和義監督 1位指名の事前公表予定なし「今年は公表しません」
 中日・立浪和義監督は11日、20日のドラフト会議へ向け、1位指名選手を事前に公表する予定はないと明かした。

ナゴヤ球場で秋季練習を行った指揮官は、巨人を筆頭にソフトバンク、日本ハム、西武が続々と1位を公表する中、「早めに言えば単独で取れそうな感じで公表してるのかなと思う。ここ数日で決めないといけないが、今年は公表はしません。状況を見ながらですが、その予定はないです」と明かした。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント