明治大・村松開人選手が初回に安打、中日スカウト「1年目からレギュラーを」

中日ドラフトニュース 大学野球ドラフトニュース 2022年ドラフトニュース

明治神宮大会大学の部は、明治大が名城大に5−1で勝利、1番セカンドで出場した村松開人選手が初回に安打を打ち、先制点につながった。

スポンサーリンク

中日スカウトが見守る

ドラフト会議では中日に2位で指名された村松開人選手、初回に先頭打者で打席に立つと、2球目の145キロのストレートを叩き、レフト前にヒットを記録した。その後、満塁となると押し出しの四球でホームに踏み、明治大のペースを作り出した。

「自分が振り負けないことで続くバッターがいけるなという感覚が出てくる」と話す村松選手、その後も二塁手として堅守を見せ、4打数1安打に主将としてもチームを支えて勝利し、明治神宮大会の決勝に進出した。

この試合を視察した中日の八木スカウトは、「3年生の時から間違いないと思っていた。コンタクト能力が高く広角に打つことができ、打席ごとにアプローチも変えられる。守備に関しても動きが良くて心配ない。1年目からレギュラーを期待しています」と話した。

中日はドラフト会議で村松選手など内野手を次々と獲得し、逆に京田選手、阿部選手とこれまで二遊間を守っていた選手をトレードで放出した。それだけ、来年のレギュラーとしての期待が大きい。

明治大の田中監督も、コーチ時代に見てきた横浜DeNAの佐野選手と村松選手を比較し、「タイプこそ違いますが、村松のミート率は佐野に匹敵する。今日も初回に1本出してくれて、チーム全体に安心が広がりました」と絶賛した。

勝っても負けても最後となる今日の決勝戦、「いつも自分たちがやっている野球をすれば勝てる」と主将としての顔を崩さなかった。

【2022年 明治神宮大会】大学の部準決勝の対戦カードと注目選手一覧
明治神宮大会、今日は大学の部の準決勝2試合が行われます。対戦カードと注目選手を紹介します。
竜の未来を背負う明大・村松開人 国学院大との日本一決戦へ「勝てる」 担当の八木スカウト見守る - スポニチ Sponichi Annex 野球
 大学の部の準決勝2試合が行われた。明大(東京六大学)は、中日からドラフト2位指名を受け、主将も務める村松開人内野手(4年)が初回に左前打を放って先制点を演出するなど、5―1で名城大(北陸・東海3連盟)に勝利。国学院大(東都大学)は6―2で大商大(関西5連盟第1)に快勝し、初の優勝に王手を掛けた。あす23日に高校、大学...
明大は6年ぶりに決勝進出 中日D2位・村松開人「日本一を目指していける」/神宮大会
明治神宮野球大会第5日(22日、明大5―1名城大、神宮)6年ぶり14度目の出場の明大(東京六大学)は、43年ぶりに4強入りした名城大(北陸・東海)を下し、決勝進…
明大6年ぶり決勝進出 中日ドラ2村松が先制導く活躍 指揮官「安心感が広がった」/デイリースポーツ online
 「明治神宮大会・大学の部・準決勝、明大5-1名城大」(22日、神宮球場) 大学の部の準決勝2試合が行われ、明大が優勝した2016年以来6年ぶりの決勝進出を決めた。中日からドラフト2位指名を受けた主将の村松開人内野手(4年・静岡)が切り込み隊長として打線をけん引。国学院大は大商大を下して初の決勝進出を果たした。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント