巨人ドラフト3位・国学院大の田中千晴投手が5回まで無安打投球、巨人スカウトも応援

大学野球ドラフトニュース 2022年ドラフトニュース 巨人ドラフトニュース

明治神宮大会では、国学院大が巨人ドラフト3位指名の田中千晴投手の好投などで、大阪商業大に6−2で勝利して決勝進出を決めた。

スポンサーリンク

ドラフト指名後初登板

田中千晴投手が巨人にドラフト3位で指名されてから初登板となったこの日、関西の雄・大阪商業大に対して初回から147キロのストレートとフォークボールが冴える。6回1アウトまでノーヒット投球を見せ、躍動感をみせた。

登板前は不安だったというが、巨人の担当の脇谷スカウトから「勝っても負けてもドラフトの順位は変わらないから」と連絡を受け、「気持ちを柔らかくしてもらった」とこの日に臨んだ。

6回に初安打を許すと、2アウト満塁のピンチから2点タイムリーを浴び、5回2/3を投げて2安打5奪三振2失点、「最後に打たれたのは自分の甘いところ。次の世界に行って修正できるようにしたい」と話す。田中投手は角度のあるストレートで圧倒的な投球を見せるが、まだ実戦の経験が少なく、ピンチで粘れるかどうかが次のステージでの鍵となる。

鳥山監督も「絶好調ではないが、落ち着いて気持ちをしっかり入れて投げてくれた。非常によかったなと思います」と話し、田中投手の好投を喜んだ。今日は決勝戦、悲願の初優勝で大学野球の幕を閉じたい。

【2022年 明治神宮大会】大学の部準決勝の対戦カードと注目選手一覧
明治神宮大会、今日は大学の部の準決勝2試合が行われます。対戦カードと注目選手を紹介します。
2022年ドラフト会議指名選手一覧
2022年のドラフト会議は10月20日に行われ、支配下ドラフトが69人、育成ドラフトで57人の、合わせて126人が指名されました。
【大学野球】国学院大・田中千晴、巨人ドラフト3位の実力証明 6回1死まで無安打投球
 大学の部は準決勝で国学院大(東都大学連盟)が6―2で大商大(関西5連盟第1)を下し、初の決勝進出を決めた。巨人からドラフト3位指名を受けた最速153キロ右腕・田中千晴投手(4年=浪速)が先発し、6回

ドラフト指名後初登板とあって、田中千は「プレッシャーを感じるかも…」と不安を抱いていた。そんな姿を見た脇谷担当スカウトから、初戦が行われた19日夜に電話があった。「勝っても負けてもドラフトの順位は変わらないから」と背中を押されて「気持ちをやわらかくしてもらった」。感謝の気持ちを胸に、自身の活躍とチームの勝利で恩返しを果たした。

巨人3位国学院大・田中千晴が好投で初決勝進出「みんなで日本一をとって終わりたい」 - アマ野球 : 日刊スポーツ
国学院大(東都大学)が巨人3位の最速153キロ右腕・田中千晴投手(4年=浪速)の好投で初の決勝進出を決めた。試合前のブルペン。田中のイヤホンからはKep1er… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)
国学院大が王手 田中千6回1死まで無安打 巨人3位指名後初の公式戦で快投 - スポニチ Sponichi Annex 野球
 国学院大・田中千が快投で流れを呼び込んだ。5回2/3を2失点(自責0)で降板も6回1死まで無安打投球。チームも初の決勝進出を決め「各打者に丁寧に投げることができました」と胸を張った。
国学院大が初の決勝進出!巨人3位指名の田中千晴が大商大打線を5回まで無安打など好投【明治神宮野球大会】:中日スポーツ・東京中日スポーツ
◇22日 明治神宮野球大会大学の部準決勝 国学院大6―2大商大(神宮) 国学院大(東都)が大商大(関西第1)を破り、初の決勝進出を決め...
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント