東都リーグ表彰、千葉ロッテ1位・菊地吏玖投手、ヤクルト5位・北村恵吾選手、中日6位・田中幹也選手など表彰

大学野球ドラフトニュース 2022年ドラフトニュース 2023年ドラフトニュース

東都リーグは今秋の個人タイトル表彰式を行い、1部表彰では東京ヤクルトのドラフト5位・中央大の北村恵吾選手、中日ドラフト6位の亜細亜大・田中幹也選手が、また2部表彰では千葉ロッテドラフト1位の専修大・菊地吏玖投手、北海道日本ハム5位の立正大・奈良間大己選手が表彰された。

スポンサーリンク

来年のドラフト候補も

表彰選手は次の通り。

1部表彰

個人表彰
最高殊勲選手賞:國學院大 武内夏暉3年
最優秀投手賞:國學院大 楠茂将太4年
最優秀防御率賞、敢闘賞:亜細亜大 草加勝3年
首位打者賞:國學院大 田中大貴

ベストナイン表彰 
投手:中央大 西舘勇陽3年
捕手:亜細亜大 小山翔暉3年
一塁手:中央大 北村恵吾4年
二塁手:中央大 繁永晟1年
三塁手:亜細亜大 松浦隆己3年
遊撃手:亜細亜大 田中幹也4年
外野手:青学大 中島大輔3年
    日本大 林拓馬3年
    駒澤大 浦口輝4年
指名打者:國學院大 田中大貴2年

ドラフト指名選手では東京ヤクルトのドラフト5位・中央大の北村恵吾選手、中日ドラフト6位の亜細亜大・田中幹也選手がベストナインで表彰、北村選手は個人成績では打率.108だったが、主将として春に最下位となったチームを2位に引き上げた力を評価された。

また、来年のドラフト候補としては、中央大の西舘勇陽投手と国学院大の武内夏暉投手、青山学院大の中島大輔外野手が侍ジャパン代表合宿に参加しており、それぞれアピールをしているが、西館投手は来年のドラフト1位指名はほぼ確実と言えそうだ。

ほかには亜細亜大の草加勝投手と小山翔暉捕手のバッテリーや、日大の林拓馬選手、も高校時から注目されている選手で来年注目。また、中央大の繁永晟選手は1年生でベストナインを受賞、将来が期待される。

2部表彰

個人表彰
最高殊勲選手賞:専修大 西村進之介3年
最優秀投手賞:専修大 西舘昂汰3年
最優秀防御率賞:専修大 菊地吏玖4年
首位打者賞:東農大 有馬卓瑠3年
敢闘賞:東農大 鶴田克樹4年

ベストナイン表彰 
投手:専修大 菊地吏玖4年
捕手:専修大 新出篤史4年
一塁手:東洋大 小口仁太郎4年
二塁手:東洋大 宮下朝陽1年、拓殖大 宮浦柚基2年
三塁手:立正大 三井佑真3年
遊撃手:立正大 奈良間大己4年
外野手:専修大 西村進之介3年
    東農大 有馬卓瑠3年
    拓殖大 高島大輝4年
指名打者:東洋大 花田旭1年

千葉ロッテ1位の菊地投手、北海道日本ハム5位の奈良間選手が表彰された。来年のドラフト候補としては広角に打てて長打も魅力の西村進之介選手が注目される。

北海で注目された宮下朝陽選手と、大阪桐蔭で注目された花田旭選手がともに1年生でベストナインを受賞し、4年までに1部でのタイトルを期待したい。

3部表彰

個人表彰
最高殊勲選手賞、最優秀投手賞:帝平大 更田篤稔4年
最優秀防御率賞:大正大 植竹遼1年
首位打者賞:順天大 菅谷優生4年
敢闘賞:一橋大 大田響介4年

ベストナイン表彰 
投手:学習大 由良一翔3年
捕手:帝平大 岩堀裕風4年
一塁手:大正大 小沢優翔4年
二塁手:帝平大 満田颯汰3年
三塁手:帝平大 前田幸輝3年
遊撃手:一橋大 三家本直希4年
外野手:学習大 若林拓4年
    順天大 菅谷優生4年
    帝平大 中島颯人2年
指名打者:大正大 髙橋星雅

帝京平成大のエースとして昇格に尽力した更田篤稔4年や、小金高校で注目された由良一翔3年投手が結果を残し表彰を受けた。

4部表彰

個人表彰
最高殊勲選手賞、最優秀投手賞、
最優秀防御率賞:成蹊大 甲斐秀聖
首位打者賞:成蹊大 清水亮太
敢闘賞:都市大 小松勢

ベストナイン表彰 
投手:成蹊大 甲斐秀聖
捕手:芝工大 浅野久麗
一塁手:成蹊大 齋藤大輝
二塁手:都市大 原田圭佑
三塁手:成蹊大 手塚丈一郎
遊撃手:都市大 牧野瑞樹
外野手:都市大 平林亮泰
    成蹊大 上原和浩
    成蹊大 清水亮太
指名打者:成蹊大 清水亮太
     都市大 佐藤奎斗

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント