桐蔭横浜大の150キロ左腕・古謝樹投手「プロ一本で考えている」

大学野球ドラフトニュース 2023年ドラフトニュース

桐蔭横浜大が今年初練習を行い、150キロ左腕としてプロが注目する古謝樹投手が、プロ志望を表明した。

スポンサーリンク

プロ一本

古謝樹投手は最速150キロの速球を投げる左腕投手で、昨年の侍ジャパン大学代表候補合宿に参加し力強い球を見せた。その投球で手応えを感じ、プロ入りの思いを固め、この日「進路はプロ1本で考えている。大学生活でよりいっそう、気合が入る年。気持ちを高ぶらせて初練習した」と話した。

昨秋は5勝を記録し優勝に貢献、最優秀投手賞にも輝いた。しかし、好不調に波があり、「下半身の強化が安定感につながると思う。メンタルも強くしたい」と、長い期間を通じて安定した投球ができるようにトレーニングを行う。

今年は春のリーグ戦で連覇、大学野球選手権で日本一、そして侍ジャパン大学代表にも選ばれてその力を見せ続けたい。

2023年度-大学生投手-左投のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
桐蔭横浜大の150キロ左腕・古謝樹がプロ一本を宣言 ことし初練習に「気持ち高ぶる」【大学野球】:中日スポーツ・東京中日スポーツ
神奈川大学野球リーグで昨秋王者の桐蔭横浜大は10日、横浜市青葉区のグラウンドでことし初練習。150キロ左腕の古謝樹投手(3年・湘南学院...
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント