明治大・宗山塁選手が始動、パ・リーグ6球団と巨人のスカウト10人が視察、日本ハムスカウト部長「1位じゃないと」

2024年ドラフトニュース 大学野球ドラフトニュース 福岡ソフトバンクドラフトニュース 埼玉西武ドラフトニュース 千葉ロッテドラフトニュース 北海道日本ハムドラフトニュース オリックスドラフトニュース 東北楽天ドラフトニュース 巨人ドラフトニュース

明治大が1月6日に今年の練習を開始し、ドラフトの目玉・宗山塁選手が精力的に練習を行った。この日はパ・リーグ6球団と巨人の7球団10人のスカウトが視察に訪れた。

スポンサーリンク

チーム4冠と3冠王

初練習で宗山塁選手は、恒例のポール間走を行い34本を走った。「誰一人欠けずに走り切れたのは良かった。みんなで声を掛け合い、乗り切れたのは良かったと思います」と主将として全員の走りをチェックしていた。

年末年始は実家の広島に帰省し、広陵高校で現役の高校生などと一緒に練習をした。中井監督からは「野球だけできればいいというわけではない。それ以外のところも見られて、評価される。お手本とされるようなプロ野球選手になってほしい」と言葉をかけられた。初詣では「チーム4冠」「三冠王」「1年間やりきれるように」の3つのお願いをし、「1番はチームの4冠。個人的にはドラフトの年でもあるので、しっかりやりきれるようにお願いしました」と話した。

宗山選手は守備力ではプロを含めても指折りの選手とすでに評価され、打率やホームランも打てる遊撃手として鳥谷敬選手以上と評価される声も聞かれる。この日はパ・リーグ全球団と巨人の7球団10人のスカウトが視察をしたが、いろいろな人に注目していただけることが凄くありがたい。いろいろな場所を経験させてもらっているので、自分のプレーには責任があると思う。結果で示せたら」と話す。そして、「5割、5本塁打を打ちたいなというのがある。それに加えてチャンスでの1本。そこの重要度は大きくなってくると思う。そこは追い求めてやっていきたい」と話し、打撃でアピールをしていくことを誓った。

すでに東京ヤクルトや北海道日本ハムがドラフト1位候補にリストアップをしていると報じられているが、北海道日本ハムは「確度が高い」と1位指名が濃厚としている。この日視察した北海道日本ハムの大渕スカウト部長も「1位指名じゃないと取れない選手。人間性もいい。球界のスター選手になってもらいたい」と話した。

「プロに行く前の大学の4年間をどれだけ充実させて、成長して、次の世界にいけるかというような思いで入ってきた。成長できる部分はありますし、もっと自分に厳しく突き詰めてやっていければなと」と大学入学時からの想いをしっかりと持ち、前に進んでいく。

宗山ドラフトと呼ばれる1年がスタートを切った。

2024年度-大学生内野手のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
2024年ドラフト指名予想
 2024年ドラフト指名予想です。
ドラフトの目玉、明大・宗山塁が始動 今年の目標は「チームが4冠」「三冠王」「打率5割、本塁打5本」 巨人、日本ハムなど7球団10人のスカウト集結/東京六大学
東京六大学野球の明大が6日、東京・府中市の硬式野球部グラウンドで今年初練習を行った。今秋のドラフト会議の目玉となる主将の宗山塁内野手(3年)を目当てに巨人、日本…
明大始動 スカウト10人視察の主将・宗山塁はチーム優勝と「打率5割、5本塁打を打ちたい」 - アマ野球 : 日刊スポーツ
東京6大学リーグの明大が6日、東京・府中市の同大グラウンドで24年の練習始めを行った。30本の外野ポール走が恒例。4冠奪取へ意気込むチームはプラス4の34本を… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)
大学野球で異例の大注目 明大・宗山塁の始動に巨人、オリックスなど7球団13人集結 テレビ局も… - スポニチ Sponichi Annex 野球
 東京六大学リーグの明大が6日、府中市のグラウンドで始動した。今秋ドラフトの目玉とされる遊撃手・宗山塁主将(3年)は34本のポール間走で汗を流した。
【大学野球】ドラフトの超目玉、明大・宗山塁が始動 巨人など7球団10人のスカウトが集結…「鳥谷以来の逸材」 : スポーツ報知
 今秋ドラフトの超目玉、明大・宗山塁遊撃手(3年)が6日、東京・府中市内のグラウンドで今年初の全体練習に臨み、巨人など7球団10人のスカウトが集結。「鳥谷以来の逸材」とも呼ばれる強打のショートは、「チ
プロ注目の明治大・宗山塁「5割、5本塁打」目標  恩師の広陵・中井監督の言葉胸に大学ラストイヤー戦う【大学野球】:中日スポーツ・東京中日スポーツ
東京六大学野球の明大は6日、東京都府中市のグラウンドで今年初めて全体練習を行い、中日などが今秋のドラフト1位候補に挙げる宗山塁内野手(...
今秋ドラフト目玉の明大・宗山 目標は「打率5割&5本塁打」 春季Lへ始動 7球団が視察/デイリースポーツ online
東京六大学リーグの明大が6日、同校グラウンドで始動。主将で今秋ドラフト目玉の宗山塁内野手(3年・広陵)は、今季リーグ戦の目標に「打率5割&5本塁打」を掲げた。 昨季までに現役最多の通算94安打を記録。明大の先輩・高山(BC新潟)が持つ131...
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2024 Draft home page

コメント