東洋大が始動、岩崎峻典投手&一條力真投手が1部昇格と日本一目指す

2024年ドラフトニュース 大学野球ドラフトニュース

東洋大が練習を開始し、153キロ右腕の岩崎峻典投手と一條力真投手が今年の目標について話した。

スポンサーリンク

まずは1部昇格

岩崎峻典投手と一條力真投手は共に153キロの速球を投げ、プロも注目する右腕投手。昨年秋は北海道日本ハムにドラフト1位で指名された細野投手と共に1部リーグを戦ったが最下位となり、1部2部入れ替え戦でも駒澤大に敗れて2部に降格してしまった。

岩崎投手は秋2勝2敗と責任を感じている。昨年も2部からのスタートだったが、春に1部昇格を決めているが、「細野さんみたいに、自分の力で1部に上げないといけない。その責任感が強いです」と話す。そして、体力的な課題に取り組み、「自分が1カードで2勝できるような、1人で投げきれる体力づくりをしています」とし、「僕は細野さんには負けているところはない。僕が1部昇格に貢献したい。認めてもらえるように頑張りたい」と話した。

リリーフで登板していた一條投手も「長いイニングを投げるために、カーブと横に曲がるボールを覚えたい。先発でも、抑えでも。言われたところでしっかり投げたい」と話し、今年は先発として岩崎投手と2本柱で投げていく。

岩崎投手は「秋はリーグ制覇して日本一にもなりたい」と1部リーグで優勝し、明治神宮大会での優勝を目指す。一條投手は「プロへの意識はないけど、1部昇格を目標にしていたらプロもあるのかなと思います」と話し、現時点ではプロへの思いはまだ薄いようだが、高校時代はドラフト1位でプロ入りを目指して進学をしており、まずは春の結果を見てプロへの気持ちが出てくるのではないかと思う。

2024年度-大学生投手-右投のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
東洋大学のドラフト候補選手の動画とみんなの評価
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
東洋大グラウンド開き 岩崎峻典、一條力真のプロ注目153キロコンビで、春1部復帰を狙う - アマ野球 : 日刊スポーツ
東都大学野球の東洋大は8日、埼玉・川越の同大学でグラウンド開きを行った。昨年、春季リーグ戦の1部2部入れ替え戦では5季ぶりの1部復帰を果たしたが、秋は1部最下… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)
【大学野球】 1部復帰を目指す東洋大を引っ張る2人の最速153キロ右腕 : スポーツ報知
 東都大学リーグ2部の東洋大が8日、埼玉・川越市内の同校グラウンドで新年最初の練習を行った。
東洋大始動 プロ注目153キロ右腕・岩崎峻典投手「細野さんに認めてもらえるような活躍を」 - スポニチ Sponichi Annex 野球
 東都大学野球リーグの東洋大が8日、川越市内のグラウンドで始動。プロ注目の最速153キロ右腕・岩崎峻典投手(3年=履正社)は「まずは春に自分が1部に上げたい」と強い覚悟を示した。
今秋ドラフト候補 東洋大新エース岩崎 1部復帰へメラメラ 手本は阪神・村上「自分も似たタイプ」/デイリースポーツ online
東都大学野球2部の東洋大が8日、埼玉・川越市内でグラウンド開きを行い、新エースとして期待される岩崎峻典投手(3年・履正社)が1部昇格への決意を示した。昨季は春に1部昇格も秋に2部再降格。絶対的エースだった日本ハム・ドラフト1位の細野が抜けた...
東洋大の岩崎峻典&一條力真の右腕コンビが1部復帰&日本一に再挑戦:中日スポーツ・東京中日スポーツ
東都大学野球の東洋大は8日、埼玉県川越市のグラウンドで球場開きの必勝祈願の神事を行い、本格的な練習を始めた。昨年は春に1部に復帰したも...
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2024 Draft home page

コメント