宇草孔基

今年のドラフト会議で広島に2位指名された宇草孔基選手は、小中学校時代にプレーした墨田区で祝賀会が行われた。サプライズで広島の担当スカウトだった尾形佳紀スカウトも参加した。

甲斐野央

No Image
福岡ソフトバンクの甲斐野央選手が3500万円アップの5000万円で契約更改、ドラフト1位ルーキーたちの契約更改をまとめる。

森下暢仁

広島の新入団選手がこの日、マツダスタジアムなどの施設見学を行った。ドラフト1位の森下暢仁投手は球場内で明治大の先輩・野村投手と対面し、野村選手は「細かったですね」と話した。

佐々木朗希, 千葉ロッテ

千葉ロッテは新入団選手が2軍施設見学、メディカルチェック、ZOZOマリン見学を行い、佐々木朗希投手がZOZOマリンのマウンドに立った。

佐々木朗希

千葉ロッテはドラフト1位の佐々木朗希投手について、1年目の投球を1軍、2軍合わせて50イニングに設定していることが分かった。

近本光司

阪神のドラフト1位ルーキー・近本光司選手が、1500万円から3000万円アップの4500万円となり、高橋由伸選手、福留孝介選手の1年目の昇給額を抜いた。

上茶谷大河

横浜DeNAのドラフト1位ルーキーとして、1年目から7勝6敗の成績を残した上茶谷大河投手が、1500万円から大きく3倍増に迫る4300万円で契約更改をした。

小島和哉, 弓削隼人, 大貫晋一, 中川圭太, 梅津晃大, 中山翔太, 島内颯太郎, 佐藤龍世, 戸郷翔征, 泉圭輔, 木浪聖也, 渡邊佳明

No Image
2018年のドラフト会議を振り返る、今日は12球団のルーキー選手で輝きを放った選手をピックアップします。ドラフト1位選手比較編はこちら

佐々木朗希

佐々木朗希投手が加入する千葉ロッテは、新人合同自主トレを1月27日から石垣島で行うことが分かった。

スポンサーリンク
PAGE TOP