オリックスのドラフト1位ルーキー・横山聖哉選手が紅白戦で安打

オリックスルーキーニュース

オリックスキャンプの紅白戦で、高校卒ドラフト1位ルーキーの横山聖哉選手が安打を放った。

スポンサーリンク

代打で出場

横山聖哉選手はこの日の紅白戦の最終回の5回に突然呼ばれて代打に指名されると、ゴロで一二塁間を抜ける安打を記録した。「めちゃくちゃ緊張しました。打席では特に何も考えていなかった。無心になれたのが良かった。めっちゃ気が楽になりました」と話した。

「一番年齢が下なので気疲れもある」と疲労もあり、2日間は別メニューで練習をしていたというが、中嶋監督も「当たるだけですごい。高校の時にプロの球を見たときに、なんじゃ、この球はと思いましたからね」と話し、自分の経験と重ねて評価した。

他球団のルーキーからも刺激を受けている。「山田君とか明瀬君とかが出ている。自分も周りにアピールしたいなというモゾモゾした思いはあった」と話し、阪神ドラフト3位の山田脩也選手や、北海道日本ハムドラフト4位の明瀬諒介選手など、高校生出身の野手が紅白戦でプレーを見せており、高校生野手ドラフト1位のプライドを刺激されていた。

昨年のドラフト会議は高校生遊撃手が注目される中で、ドラフト1位指名された横山選手、ショートとして肩の強さは特筆すべき能力で、あとは高校通算30本塁打の打撃を磨いてプロでも2ケタホームランを狙えるショートになれるかどうか、紅林選手など競争相手と戦ってゆきたい。

2024年、1軍キャンプスタートのルーキー一覧
2023年のドラフト会議で指名されたルーキーの、1軍キャンプや開幕1軍スタートなどの状況をまとめます。(発表球団:ソフトバンク、オリックス、西武、DeNA、日本ハム、巨人、阪神、楽天、中日、ヤクルト)
【オリックス】ドラ1横山聖哉“プロ初安打”紅白戦代打で快音 大きな1歩も「先は見ていない」 - プロ野球 : 日刊スポーツ
オリックスのドラフト1位、横山聖哉内野手(18=上田西)が記念すべき「プロ初安打」を放った。12日、今キャンプ初の紅白戦に代打出場し、右前打。12球団ドラ1新… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)
【オリックス】吉田正尚「34」後継のドラ1が“プロ初打席初安打” 「崩されてしまったところもある」自己分析する余裕も : スポーツ報知
 オリックスのドラフト1位・横山聖哉内野手(18)=上田西高=が12日、今キャンプ初の紅白戦(SOKKEN)で満点デビューを飾った。5回2死の代打で右前打。対外試合を前に“プロ初打席初安打”を放った。
オリックス ドラフト1位・横山聖哉が“プロ初打席”で“初安打”をマーク 紅白戦に代打で登場 ゴールデンルーキー確かな一歩/デイリースポーツ online
「オリックス紅白戦、白組1-0紅組」(12日、SOKKENスタジアム) オリックスのドラフト1位・横山聖哉内野手(18)=上田西=が五回に代打で登場。“プロ初打席”で“初安打”をマークした。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2024 Draft home page

コメント