今年の神奈川県のドラフト候補、高校、大学、社会人に多数のドラフト候補

高校野球ドラフトニュース 社会人野球ドラフトニュース 大学野球ドラフトニュース 2014年ドラフトニュース

 神奈川県のドラフト候補をピックアップします。神奈川県は高校は横浜高校や東海大相模、桐蔭学園、平塚学園、桐光学園、、、と次々と名前が挙げられ、大学も東都の国学大や青山学院大、専修大や、首都リーグの東海大、神奈川大学リーグの横浜商大、桐蔭横浜大などが名前を連ねる。社会人もJX-ENEOS、東芝、三菱重工横浜と強豪がひしめく、まさに野球王国といえる。 

ドラフト注目選手は

 高校生では横浜高校の高濱祐仁選手、浅間大基選手がドラフト上位候補で、1位に入ってくるかもしれない。また東海大相模にも1年生から活躍してきた青島凌也投手や佐藤雄偉知投手がおり、佐藤投手は191cmから146km/hの速球を投げるポテンシャルの高い投手。桐蔭学園にも190cmの須永悦司投手がいて今年の活躍が楽しみ。横浜高校の伊藤将司投手も甲子園で抜群の安定感を見せるなどプロの評価は高い。

 社会人では昨年の都市対抗で推定150mの特大弾を放ったJX-ENEOSの石川駿選手、三菱重工横浜で151km/hの速球を投げる左腕、福地元春投手に注目をしている。

 

その他、注目されそうな選手

 高校生は候補が本当にたくさんいるため、ここでは上げられないほど。下にあるリストから確認をしてください。大学生では青山学院大の白石猛紘投手と田中一也投手、長谷川陽亮投手が高校時代から注目された投手。大学では目だった活躍ができていないのが不満だが、最後の年に期待したい。また昨年に岩貞祐太投手、西宮悠介投手という二人のプロ選手を出した横浜商大には、今年も進藤拓也投手という150km/hを記録する楽しみな投手がいる。神奈川リーグでは関東学院大の中野 ジャスティン投手も高校時代から注目されており、大学選手権でも好投を見せた。

 その他、日体大の村田大樹投手は146km/hを投げ、桐蔭横浜大の西潟 栄樹選手、喜納 淳弥選手も下級生の時からチームの主軸を打ち、明治神宮大会優勝にも貢献している。

 社会人では東芝に注目選手が多い。石川桜太選手は社会人屈指のヒットメーカーとして、萩野 裕輔投手は左腕のリリーフエースとして活躍しプロから注目されている。三菱重工横浜の野村 亮介投手も高校時代から注目された投手で187cmからの速球は、昨年の都市対抗で結果は伴わなかったものの魅力があった。

 

 (選手の情報、選手の評価をお待ちしております!)

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント