今年の静岡県のドラフト候補、高校生にドラフト上位候補

萩原圭悟, 国松歩, 静岡商, ヤマハ, 常葉菊川, 桑原樹, 齋藤誠哉, 鈴木博志, 森岡大和, 常葉大, 武内仁志

 静岡県のドラフト候補をピックアップします。静岡県の高校野球は昨年は常葉菊川の年だったといえますが、常葉橘、静岡、静清、などの強豪が混戦となっている。その中から昨年は聖隷クリストファーの鈴木翔太投手が中日にドラフト1位指名され、レベルの高さを示した。大学は日大生産学部、東海大海洋学部、そして最近ドラフト候補が出始めている常葉大があり、社会人では屈指の強豪で名門のヤマハがある。 

ドラフト注目選手は

 今年もドラフト上位指名されそうな高校生がいる。常葉菊川の桑原樹選手は、182cmの左打者でまだ線は細いものの、思い切りの良いフルスイングから放たれる打球は度肝を抜く。昨年はセンバツ、夏と甲子園でそれぞれホームランを放ち、巨人などプロのスカウトからドラフト上位候補と評価された。さらに成長しているという情報もあり、横浜の高濱祐仁選手や智弁学園の岡本和真選手などセンバツ出場組みの甲子園の結果次第では、ますます注目されるかもしれない。

 またもう一人候補がいる。静岡商の国松歩選手は、中学時代に140km/hを超すストレートを投げ、1年生の時から注目されてきた。しかし、2年になると肩、ヒジを故障してしまう。しかし秋季大会はライトで出場すると静岡大会準決勝では3ベース、決勝では2ベースヒットを放ち、東海大会でも東邦戦で2ベースヒットを放つ。鋭い打球を見せる野手としても評価が高まっている。しかし、故障を直して再びマウンドでの姿を見たい。

 

その他、注目されそうな選手

 磐田東高校の齋藤誠哉投手は183cmの大型左腕投手、球速は140km/hを記録している。また磐田東には鈴木博志投手という181cmから143km/hを投げる投手もいるようで、注目したい。

 常葉大浜松キャンパスには森岡大和選手がいる。福井工大福井時代に通算48本塁打を記録しているセカンドを守る選手で、強打の内野手として注目されるかもしれない。

 ヤマハでは武内仁志投手に期待が集まる。石山泰稚投手と同期で期待されたが、肩を痛めて足踏みをしてしまう。しかし昨年秋の日本選手権予選で147km/hを記録し復活を見せている。185cmから最速149km/hを投げる大型投手で、素質は石山投手以上と言われている。1試合でも好投を見せれば一気に評価が高まるかもしれない。

 また、大阪桐蔭、関西学院大で4番として活躍した萩原圭悟選手が再びドラフト解禁となる。大阪桐蔭時代に同級生だった浅村栄斗選手がプロでも日本を代表する選手に成長し、Hondaに進んだエースだった福島由登投手も昨年秋に完封し今年のドラフト候補に名乗りを挙げている。負けられない気持ちがあるだろう。

 

 (選手の情報、選手の評価をお待ちしております!)


PAGE TOP