JR東日本・吉田一将投手が1回1/3で降板、横浜DeNAスカウト視察

吉田一将, JR東日本

 都市対抗東京2次予選のJR東日本vs明治安田生命戦で、ドラフト1位候補の吉田一将投手が先発したものの、1回1/3で3安打2四死球を許して降板した。

 吉田投手は「悪くなかったのですが、力が逆に抜けすぎて。死球は自分らしくなかった」と話している。この日視察した横浜DeNAの吉田スカウト部長は「こういう日もあるでしょう。直球はいいし、次に期待します」と話した。

 吉田投手は青森山田高校から日大、JR東日本と野球の名門チームを歩いてきた。その中で青森山田高校では控え投手、日大ではチームが2部に降格していた期間が長く、吉田投手が頭角を現し始めたのは3年秋からで、ドラフト直前の4年生の秋にようやく1部で力を見せた。JR東日本では1年目からエース級の活躍をしているが、まだ活躍をしている期間は2年くらいで経験が多いとはいえない。

 課題としては、終盤に失点して降板するケースがあり、ストレートや変化球が良く無い時にどのようなピッチングができるか、という事になるだろうか。

 しかし191cmから投げ下ろす140km/h中盤のストレートは魅力十分で、これくらいで評価を下げる事はないだろう。

 また同じくドラフト候補の田中広輔選手は、この日3番ショートで出場し3打数2安打を記録した。東京ガス戦、セガサミー戦で合計8打数1安打だったが、この日はらしさを見せてチャンスメークしていた。横浜DeNAは昨年、内野手の白崎浩之選手をドラフト1位で獲得したが、石川選手、梶谷選手などが定着せず、2番内村選手も打率が上がらない状態で1番打者に苦しんでいる。今年は間違いなくドラフト1位は投手だと思うが、リードオフマンタイプの内野手の指名があるかもしれない。田中広輔選手は地元・東海大相模出身で候補の一人に入っているのではないかと思う。

吉田イマイチ、無失点も降板  - ニッカンスポーツ紙面:2013/5/29

 


PAGE TOP