広島カープがスカウト会議、224人リストアップし7投手を映像でチェック

森下暢仁, 及川雅貴, 佐々木朗希, 奥川恭伸, 井上広輝, 根本太一, 西純矢

広島カープは1月11日に今年最初のスカウト会議を開き、高校、大学、社会人のドラフト候補、224人をリストアップした。

今年は投手が豊富

スカウト会議では224人をリストアップし、横浜・及川雅貴投手、大船渡・佐々木朗希投手、星稜・奥川恭伸投手、創志学園・西純矢投手、日大三・井上広輝投手、木更津総合・根本太一投手、明治大の森下暢仁投手の7人の投手を映像でチェックした。

スカウト会議を終えた苑田スカウト統括部長は「今年は高校生に良い投手が多い」と話し、白武スカウト部長も「今年は投手が豊富。みんな145、6キロ投げるし、レベルが高い」と話した。

広島は2018年は8人を指名したが、投手はドラフト2位の島内颯太郎投手とドラフト5位の田中法彦投手の2人のみで、今年は投手中心のドラフトとなる。

次回のスカウト会議は5月下旬を予定し、センバツや春の高校野球でチェックした選手、また大学野球の春季リーグや社会人野球の春の大会も一通り行われたタイミングで、リストアップと絞り込みを行い、大学野球選手権、都市対抗、夏の甲子園に臨むことになる。

2019年注目の高校生のドラフト候補~投手編~
広島カープのドラフト会議
2019年ドラフト指名予想

最速157キロ右腕で、“大谷2世”との呼び声が高い大船渡・佐々木朗希投手(2年)や昨秋の明治神宮大会で準優勝に導いた星稜・奥川恭伸投手(2年)、横浜・及川雅貴投手(2年)、創志学園・西純矢投手(2年)、日大三・井上広輝投手(2年)、木更津総合・根本太一投手(2年)に加え、大学生では明大・森下暢仁投手(3年)の映像をチェックした。

白武佳久スカウト部長は「今年は投手が豊富。みんな145、6キロ投げるし、レベルが高い」と話した。次回スカウト会議は5月下旬を予定している。


PAGE TOP