2019年注目の高校生のドラフト候補~投手編~

2019年のドラフト注目候補を紹介します。まずは高校生の投手編。

投手

2018年にドラフトで指名された選手を、上位から10人まで並べ、今年の候補と比較をする。

年度 2018(指名順位) 2019
ドラフト候補 根尾昂・大阪桐蔭(1位)
吉田輝星・金足農(1位)
渡邉勇太朗・浦和学院(2位)
市川悠太・明徳義塾(3位)
直江大輔・松商学園(3位)
引地秀一郎・倉敷商(3位)
勝又温史・日大鶴ケ丘(4位)
横川凱・大阪桐蔭(4位)
田中法彦・菰野(5位)
柿木蓮・大阪桐蔭(5位)
佐々木朗希・大船渡(1位予想)
奥川恭伸・星稜(1位予想)
及川雅貴・横浜(1位予想)
西 純矢・創志学園(1位予想)
井上広輝・日大三(2,3位予想)
岡林勇希・菰野(3,4位予想)
根本太一・木更津総合(3,4位予想)
藤本竜輝・社(3,4位予想)
浅田将汰・有明(3,4位予想)
宮城大弥・興南(3,4位予想)

2019年の投手は、この時点ですでに150キロを記録しているのが、井上選手までの5人、また根本投手が149キロを記録し、岡林投手が148キロ、藤本投手と浅田投手は147キロを記録している。特に佐々木投手は157キロを記録しており、大谷翔平投手クラスの可能性がある。また奥川投手は明治神宮大会で準優勝し、松坂大輔投手クラスの可能性を秘める。

また2018年には左腕投手がいないが、2019年には及川投手と宮城投手が入っている。宮城投手は高校1年から甲子園で投げており、140キロのストレートと変化球のキレが抜群で三振を奪いまくる。松井裕樹投手のような存在になりそうだ。

他にも日大三では189cmから148キロの速球を投げ、甲子園で先発をした広沢優投手も、もう少し投球が安定すれば、今年の浦和学院・渡邊投手クラスの評価を受ける事になるかもしれない。

こうして比較すると、現時点でこれだけの投手の名前が挙がり、2018年よりはレベルが高いと予想される。また、過去を見てもこれだけの逸材がそろう年はないと見られ、過去最高の世代となる可能性もある。

この他の投手

この他の東日本の注目投手
小林珠維・東海大札幌
冨水大和・網走桂陽
西原健太・札幌大谷
西舘勇陽・花巻東
篠田怜汰・羽黒
岩本大地・石岡第一
村田賢一・春日部共栄
飯塚脩人・習志野
平野将伍・日大三
重吉翼・日本航空石川
玉村昇悟・丹生
前佑囲斗・津田学園

この他では、東海大札幌の小林珠維投手が183cm84kgの体から146キロの速球を投げており北の怪腕となりそう。網走桂陽の冨水大和投手もコンパクトなフォームから145キロの快速球を投げ、札幌大谷の西原健太投手は明治神宮大会で184cm90kgからの142キロの速球を見せた。

花巻東の西舘勇陽投手は182cmの本格派右腕で、大船渡の佐々木投手に話題をさらわれているが、1年時から期待されている投手でこのオフに巻き返しをしたい。羽黒高の篠田怜汰投手は甲子園で145キロの速球を投げた本格派。

石岡第一の岩本大地投手は173cmと上背はないが147キロの球は快速球で三振を奪う。21世紀枠候補になっており、甲子園で見られるかもしれない。春日部共栄の村田賢一選手は182cmから146キロの速球を投げ、秋の関東では準優勝の立役者となった。習志野には今年も146キロ右腕の飯塚脩人投手がいる。秋の関東では14回を無失点という好投を見せた。日大三は3本柱候補として、187cmから146キロを投げる平野将伍投手がいる。まだ荒れ球だが登板機会も増え、その力を発揮したい。

日本航空石川の重吉翼投手は181cmから140キロの重い球を投げ、星稜・奥川のライバル。丹生高の玉村昇悟投手は左から144キロの速球を投げプロも注目をしている。津田学園の前佑囲斗投手は182cmから147キロの速球を投げ、菰野・岡林とライバルとなりそうで、センバツでは一気に注目されるかもしれない。

その他の西日本の注目投手
林優樹・近江
清水大成・履正社
中田唯斗・大阪桐蔭
坪井悠太・大阪偕星
林直人・報徳学園
草加勝・創志学園
河野佳・広陵
桑田孝志郎・広島新庄
谷岡楓太・武田
黒河竜司・英明
白川恵翔・池田
下村海翔・九州国際大付
西舘昂汰・筑陽学園
坂元創・春日
崎村太陽・秀岳館
小峯新陸・鹿児島城西

近江の林優樹投手はやや細い左腕だが、抜群のチェンジアップは高校生では打てない。履正社の清水大成投手は左から145キロの速球を投げ、今夏の大阪桐蔭戦では6回途中2失点と好投した。大阪桐蔭は今年の3本柱が抜け投手陣に実績が少ないが、中田唯斗投手は146キロの速球を投げ、他にも145キロクラスの選手がそろう。大阪偕星の坪井悠太投手も145キロの速球とスライダーで2ケタ三振を奪う。報徳の林直人投手は筋の良い左腕で成長が期待される。

創志学園の草加勝投手は西投手のチーム内のライバル、182cmから145キロの速球を投げ素質十分。広陵の河野佳投手は148キロを投げ、広島新庄の桑田孝志郎投手は1年時から注目された素質ある投手、ライバル関係となりそうだが、そこに入りそうなのが武田高校の谷岡楓太投手で、173cmながら148キロの速球はプロも視線を集める。

英明の黒河竜司投手は2年でエースの風格がある180cm右腕で144キロまで球速を伸ばしている。池田高校の白川恵翔投手は肩の強さは全国級で、池田高校という事もあり注目される。

九州国際大付の下村海翔投手は145キロの速球を投げ、筑陽学園の西舘昂汰は187cmから144キロの速球を投げる。また春日高校の坂元創投手は186cmから142キロの速球を投げており、今年も福岡は熱そうだ。秀岳館には崎村太陽投手が146キロの速球を投げ、有明の浅田投手と熊本NO.1を競う。鹿児島城西の小峯新陸投手は189cmから140キロを投げ、素質十分の投手。

全体的にみると、まだ候補選手の数は少ないが、夏前までにはこの倍くらいの選手が注目投手になっているだろう。

2019年度-高校生投手のドラフト候補リスト


PAGE TOP