福岡ソフトバンク、2日連続、4時間のスカウト会議

福岡ソフトバンクは10月5日、前日に引き続きスカウト会議を行った。

約4時間

10月4日に行われたスカウト会議では、約5時間のスカウト会議を行い、各地区の担当スカウトから、リストアップした選手をプレゼンテーション形式で紹介していった。

そしてこの日も午前中から約4時間にわたり、スカウト会議を行った。この日で、リストアップした全選手のプレゼンテーションと確認を終えたというが、1位指名の確定などは行わなかった。

今年からプレゼンテーション形式に変えたといい、なかなか時間がかかる形になったのかもしれないが、その分一人一人の紹介と確認が丁寧に行われれば良い。ただしプレゼンテーション形式だと、発表者のうまさでも印象が変わってしまう事があり、その点は気になる所ではある。

もちろん具体的な数値などでも評価付けをしていると思うが、最後は決定者のインスピレーションや、スカウトの熱意で決められる所は、これまでもそうだっただろうし、これはほかのビジネスの判断も変わらない。最終的にどのような指名になっていくのか、ソフトバンクの指名に注目したい。

福岡ソフトバンクホークスのドラフト会議メインページ

4日に約5時間のロング会議を行い、CS初戦となったこの日も午前中から約4時間、ヤフオクドーム内の球団事務所で行った。全リストアップ選手の確認作業を終えたが、1位指名選手の確定には至らなかった。


PAGE TOP