千葉ロッテがスカウト会議、昨年の佐々木投手の1位指名公表と同じ日にドラフト1位・早川隆久投手を公表

2020年ドラフトニュース 大学野球ドラフトニュース 千葉ロッテドラフトニュース

千葉ロッテは10月15日に、千葉市内の球団事務所でスカウト会議を開き、早稲田大の早川隆久投手の1位指名を決定して公表した。

スポンサーリンク

今年も一番最初に公表

スカウト会議を終えた松本球団本部長は、「もともと評価していた。時間かからずに決まった。順調に成長し、1年目から2桁期待できる」と話し、早稲田大の早川隆久投手の1位指名がすんなりと決定したと話した。

ちなみに昨年も10月15日スカウト会議を開き、佐々木朗希投手の1位指名を決め、他球団に先んじて1位指名の公表をしていた。ドラフト会議では抽選で見事に獲得することができ、ゲンを担いで昨年と同じ日に、早川投手の1位指名を公表した可能性がある。昨年のスカウト会議でも「スカウトもフロントも監督も全員が一致してすんなりと決まった」と話している。

早川投手は千葉県横芝光町出身で、横芝中時代は軟式野球部でプレーをしていた。木更津総合では1年生の秋からベンチ入りし2年生の春、3年生の春と夏に甲子園に出場し、ベスト8に勝ち上がった他、侍ジャパンU18代表入りをし、アジア選手権優勝に貢献した。

プロも注目したが早稲田大に進学をし、リーグ通算は11勝だが、3年時には侍ジャパン大学日本代表入りし、日米大学野球では森下暢仁投手が1,3,5戦に先発し、早川投手は2,4戦に先発。2戦目は5回4安打1失点で2-1とリードしたまま降板をしたが、リリーフ陣が逆転を許した。4戦目は4回3安打3四球と制球が乱れたものの無失点に抑えると、打線が爆発して9-1で大勝し、日米大学野球優勝に大きく貢献した。

千葉ロッテは右は好投手が多く、佐々木朗希投手がおり、左のエースも補強ポイントの一つで、地元千葉出身の左の大学NO.1投手で、また早稲田大の監督は元千葉ロッテのエース・小宮山監督で、厳しい評価定評のある小宮山監督も、この秋の早川投手には、文句のつけようがないと話していた。

早川投手には北海道日本ハムの1位指名が有力視されており、1位指名は投手の可能性の高い東北楽天や東京ヤクルト、左腕投手の獲得を狙う埼玉西武なども1位指名の可能性があり、ドラフト会議では4球団前後の競合となりそうだ。

千葉ロッテは、支配下ドラフトの指名人数は3人から5人を予定しており、昨年と同じかやや少なくなる。また育成選手については多く指名する方針も明らかにした。

千葉ロッテマリーンズのドラフト指名予想
千葉ロッテマリーンズ公式ページ 千葉ロッテマリーンズ掲示板 千葉ロッテマリーンズの過去のドラフト指名一覧 千葉ロッテマリーンズ/ドラフト最新記事 以前のニュースはこちら 補...
千葉ロッテマリーンズ、過去のドラフト指名一覧
千葉ロッテマリーンズ公式ページ 千葉ロッテマリーンズ掲示板 千葉ロッテマリーンズのドラフト指名予想 千葉ロッテ過去のドラフト指名 過去3年間 投手13(右8、左5)、野手11(捕2、...
2020年ドラフト指名予想
 2020年ドラフト指名予想です。
千葉ロッテ、佐々木朗希投手の1位指名を公表「一致して決まった」
千葉ロッテは15日にZOZOマリンでスカウト会議を開き、佐々木朗希投手の1位指名を決定した。井口監督が「佐々木投手で行こうと決まりました。」と公表した。

松本球団本部長は「もともと評価していたし、順調に成長している。実績も十分だし、1年目から上(1軍)で勝てる」と高く評価した。指名人数は3~5人の見込み。育成選手を多く指名する方針も明かした。

早川は地元千葉県出身の最速151キロを誇る左腕で、木更津総合では3年時に甲子園春夏ベスト8進出。早大では1年時からリーグ戦に出場し、3年時は大学日本代表として日米大学選手権に出場した。

ロッテ、早大・早川の1位指名を公表
 ロッテは15日、千葉市内の球団事務所でスカウト会議を開き、26日のドラフト会議で早川隆久投手(早大)を1位指名することを公表した。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント