北海道日本ハムがスカウト会議、ドラフト1位指名は早稲田大・早川隆久投手有力

2020年ドラフトニュース 大学野球ドラフトニュース 北海道日本ハムドラフトニュース スカウト会議

北海道日本ハムは10月15日に札幌市内でスカウト会議を開き、ドラフト1位指名を、大学生の投手とした。一番いい投手を考えていると話し、早稲田大の早川隆久投手が1位指名となる。

スポンサーリンク

大学生の投手を選びたい

スカウト会議を終えた大渕スカウト部長は、「1位に関しては、投手を考えています。一番いい投手を考えています。今年は大学生が豊作だったなと認識しています。大学生の中から選びたいと思っています」と話し、大学生投手のNO.1の投手を指名することを明らかにした。

また吉村GMも「一番いい選手を取りましょうということで、そこはブレない。全選手の評価をして、順位を付け、大学生投手がトップに来る。野手のNO.1もいるけれども、今年は投手がNO.1」と、近畿大の佐藤輝明選手も念頭にあった中でも、投手がそれを上回ったと評価した。

現時点では1位指名候補は複数人としており、大学生投手では、早稲田大の早川隆久投手と、苫小牧駒大の伊藤大海投手がトップクラスと評価される。しかし、地元の伊藤投手を優先したい気持ちもあるが、東京六大学で驚異的な投球を見せ、誰もが認める大学NO.1は早川投手となる。

北海道日本ハムは2010年のドラフト1位で斎藤佑樹投手を指名し、2014年のドラフト1位で有原航平投手を指名。また、2017年には早稲田実で父親が早稲田大ラグビー部の功労者の清宮幸太郎選手を指名しており、吉村GM、大渕スカウト部長の出身である早稲田大とは縁が強い。

また、この日の会議では指名候補を約100人に絞り込んだ。これから他球団の動向を見て1位指名の公表なども行われるとみられる。

2020年ドラフト指名予想
 2020年ドラフト指名予想です。
北海道日本ハムファイターズのドラフト指名予想
北海道日本ハムファイターズ公式ページ 北海道日本ハムファイターズ掲示板 北海道日本ハムファイターズの過去のドラフト 北海道日本ハムファイターズ/ドラフト最新記事 以前のニュー...
北海道日本ハムファイターズ、過去のドラフト指名
北海道日本ハムファイターズ公式ページ 北海道日本ハムファイターズ掲示板 北海道日本ハムファイターズのドラフト指名予想 北海道日本ハムの近年のドラフト指名 過去3年間:投手14名(...

最終的な決定はドラフト会議直前まで検討を重ねる予定。吉村GMは「一番いい選手を取りましょうということで、そこはブレない。全選手の評価をして、順位を付け、大学生投手がトップに来る。野手のNO・1もいるけれども、今年は投手がNO・1」とここまでの経緯を説明した。

日本ハムは15日、札幌市内の球団事務所でスカウト会議を行い、26日のドラフト会議で1位指名で大学生投手を指名することを明かした。会議後に大渕スカウト部長は「1位に関しては一番いい投手を考えています。今年は大学生が非常に豊作だったなと認識している。大学生の中から選びたいと思います」と話した。

会議後に報道陣に対応した大渕隆スカウト部長は、1位指名について「今年は大学生が豊作。大学生の中から一番いい投手を選びたい」と大学生投手を1位指名すると明言。近大・佐藤ら野手の目玉もいるが、吉村GMは「野手のNo.1もいるけど、今年は投手のNo.1」と説明した。

まだ、最終確定はしていないが、早川隆久投手(早大)、伊藤大海投手(苫小牧駒大)らに絞り込んだとみられる。スカウト会議では、指名候補約100人をリストアップした。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント