東京ヤクルト・ヤマハ・竹下真吾投手を上位指名へ

社会人野球ドラフトニュース 東京ヤクルトドラフトニュース 2014年ドラフトニュース

 東京ヤクルトはヤマハの149km/h左腕・竹下真吾投手をドラフト上位で指名する。

即戦力左腕投手

 ヤマハの竹下真吾投手は180cmの身長から腕を振り切って投げることができる左腕投手で、球速は149km/hを記録する。また大きなスライダーとチェンジアップで左右に曲がる変化球を持ち、社会人左腕では総合力が最も高いと評価される。

 東京ヤクルトは2012年にヤマハの石山泰稚投手を1位で指名しているが、球団関係者も「ボールに力があるのが魅力。社会人の左投手ではNO1で、1位入札する球団もあるかもしれない」と高く評価している。

 

隠れ九共大

 竹下投手も九州共立大出身で、川満寛弥投手(2012年千葉ロッテ・ドラフト2位)と同学年で、大瀬良大地投手の1つ上になる。同学年では三菱日立パワーシステムズ横浜で151km/hを投げてドラフト候補に挙がる福地元春投手もおり、川満、竹下、福地と素質の高い左腕投手が揃っていた。

 しかし、川満投手、大瀬良大地投手の安定感と完投能力により登板機会は少なく、社会人に進んで実績を積んだ形となった。

 竹下投手は最終的にはドラフト1位にも挙がってくる投手と思われていたが、ドラフト直前になりこれから多くの球団から名前が挙がってくることになるとみられる。

  球団関係者は「ボールに力があるのが魅力。社会人の左投手ではNO1で、1位入札する球団もあるかもしれない」と高く評価。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント