阪神がドラフト7位・京都国際の中川勇斗捕手に指名あいさつ、肩・足・長打力に優れた捕手

高校野球ドラフトニュース 2021年ドラフトニュース 阪神ドラフトニュース

阪神がドラフト7位で指名した京都国際・中川勇斗捕手に、畑山統括スカウト、渡辺スカウトなどが指名あいさつをした。

スポンサーリンク

分析能力

中川勇斗選手は、二塁送球が1秒8を記録する強肩に、夏の甲子園でも2本塁打を放つなど高校通算18本塁打の長打力、そして、50mを6秒1で走る足のある、三拍子そろった選手だ。

しかし、中川選手の特徴は分析力にある。甲子園でも巧みな配球で、高い制球力のある2年生の森下瑠大投手をリードした。そして「今のままでは到底プロの世界では通用しないと思っている。技術的な部分もそうですけど、体の大きさがマイナスになる」と話し、「今はスクワットや体幹トレーニングで下半身を重点的にやっている」という。

分析力だけでなく、それを活かす実行力が本当の中川選手の能力なのだろう。「早く1軍に上がって日本一に貢献できる選手になりたいと思います」と話す。そして将来は、ドラフト1位の森木大智投手とのバッテリーで、侍ジャパンでのプレーも夢見る。

甲子園で再び、アーチを描き、リードで相手を完封する姿を見せてほしい。

2021年度-高校生捕手のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
2021年ドラフト会議、指名選手一覧
2021年のドラフト会議は10月11日に行われ、支配下ドラフトが77人、育成ドラフトで51人の、合わせて128人が指名されました。

二塁送球1秒8の強肩に加え、50メートル走は6秒1の快足を誇る。さらに夏の甲子園で2本塁打を放つなど高校通算18本のパンチ力も魅力だ。「走攻守でバランスが取れた選手だと思うので、3つ欠かさずプレーして、将来的には侍ジャパンに選ばれるように頑張りたい」と目標は大きい。しかししっかりと自分を客観視もできている。「今のままでは到底プロの世界では通用しないと思っている。技術的な部分もそうですけど、体の大きさ(172センチ)がマイナスになる」と自己分析。「今はスクワットや体幹トレーニングで下半身を重点的にやっている」。プロで戦える体を着々とつくっている。

阪神ドラ7捕手・中川、ドラ1・森木と黄金バッテリー結成や!「同期で入ったからには一緒に日本一を」 - スポニチ Sponichi Annex 野球
 阪神ドラフト7位の京都国際・中川勇斗捕手(17)が22日、京都市内の同校で畑山俊二統括スカウトらから指名あいさつを受けた。走攻守3拍子を兼ね備えた逸材は、同期入団の同1位・森木との「黄金バッテリー」結成を目標に掲げた。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント