大阪桐蔭・森友哉選手が通算36号の3ランホームラン、巨人、オリックス、千葉ロッテなど日米6球団のスカウト視察

高校野球ドラフトニュース 千葉ロッテドラフトニュース オリックスドラフトニュース メジャーリーグ 巨人ドラフトニュース 2013年ドラフトニュース

 高校野球大阪大会では昨年の優勝校・大阪桐蔭が登場した。

 左手小指を3針縫うケガをした森友哉捕手は3番レフトで出場すると、6回にライトスタンドに高校通算36号となる3ランホームランを放つなど2安打3打点を記録し勝利に貢献した。慣れないレフトでの出場に「試合前ノックからテンパりました」と話していたが無難にこなしたが、ケガを早く直して捕手としてのプレーも見てみたい。

 この試合には巨人、オリックス、千葉ロッテとMLB・レンジャーズなど6球団のスカウトが視察に訪れた。

巨人・長谷川スカウト:「ケガをしてるのが分からないぐらいのスイングスピード。たいしたもんだよ」

千葉ロッテ・「下敷領悠太スカウト 負傷していて、あれだけ振れたら問題ないですね。正直、打っているところしか見たことない。」

オリックス・内匠スカウト:「ケガは問題ないようだ」

 またMLBレンジャーズの古川有一スカウトも視察に来ていた。森選手は本当に良く打っている印象を受ける。捕手としての評価も高いが、やはり打撃の評価は非常に高い。18U世界選手権でも木のバットで痛烈な打球を放ち、プロでも打撃なら1年目から活躍できるのではないかと思う。どの球団がドラフト1位指名するかに注目だろう。

森友3ラン!大阪桐蔭、夏連覇へ好発進/大阪  - サンケイスポーツ:2013/7/18

 5-2で迎えた六回無死一、二塁で、プロ注目の森友がカウント2-1から内角高めのカーブを右翼席へ高校通算36号となる3ラン。2安打3打点に「(本塁打の)手応えはベストだった。初戦に打てたのはよかった」と胸を張った。

 15日に大阪・大東市内での練習中、スライディングの際に内野手と交錯し左手小指を裂傷。3針を縫った。打撃は問題ないが、ミットをつけると痛みがあるため、チームメートの外野手用グラブを借りて出場。西谷監督は「普通なら出場させないが、初戦なので」と主将への信頼を口にする。

 この日は阪神など5球団のスカウトが視察。ロッテ・下敷領スカウトは「飛ばす力とともに(相手投手の)左右に関係ないバットコントロールがある。打撃は一番ですよ」と絶賛。左翼守備も無難にこなし、センスを見せつけた。

 大阪桐蔭・森友の夏がド派手に開幕した。6回無死一、二塁。内角高めのカーブを豪快に振り抜くと、打球は一直線に右中間ネットに突き刺さった。「手応えは自分のなかでもベスト。入ると思った」。巨人やレンジャーズなど国内外6球団のスカウトが見守る前での高校通算36号3ラン。チームを快勝発進に導く一発に、プロ注目の主砲が会心の“ドヤ顔”を見せた。

不安いっぱいの門出だった。15日の走塁練習中に左手小指を裂傷し、3針縫った。この日朝になっても患部の腫れは引かず、キャッチャーミットははめられなかった。「傷も深く不安はあった。正直、出られないかと…」。今春センバツでは、3回戦の試合前日に右ふくらはぎを負傷し欠場。チームは敗れ、春夏連覇を絶たれた悪夢が頭をよぎった。

 ただ、最後の夏は負けられない。痛み止めを飲み、テーピングで小指をグルグル巻きにし「3番・左翼」で強行出場。左翼を守るのは、公式戦では1年秋以来。慣れない守備位置での出場に、さすがの森友も「試合前ノックからテンパりました」。不安いっぱいで試合に臨んだが、千両役者ぶりを遺憾なく発揮。森友目当てに、前日にいた北海道から駆けつけた巨人・長谷川スカウト課長を「ケガをしてるのが分からないぐらいのスイングスピード。たいしたもんだよ!」と、うならせた。

大阪桐蔭・森友36号弾 夏連覇へ発進  - デイリースポーツ:2013/7/18

 「打撃は力が抜けて、かえっていい感じ」と3打数2安打3打点。「初戦に価値ある一発。相手がエースに代わったところだったので、本塁打じゃなくてもここは打とうと思った」と流れを呼んだ。初回に先制されたが「春までは個人プレーが多かったが、まとまりが出てきた」と、左翼から見守る余裕もあった。

 ネット裏にはNPBのスカウトのほか、レンジャーズ・古河有一環太平洋地域コーディネーターの姿も。オリックス・内匠スカウトは「ケガは問題ないようだ」と打撃は変わらぬ評価。森友は「次の試合は捕手で引っ張りたい」と意欲をみせた。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント