2014年のドラフトのゆくえ(高校生投手編)、安楽智大投手、高橋光成投手、立田将太投手、佐藤雄偉知投手など超目玉クラス揃う

東海大相模, 盛岡大付, 佐藤雄偉知, 松本裕樹, 安楽智大, 済美高, 浦和学院, 小島和哉, 立田将太, 大和広陵, 高橋光成, 前橋育英, 高松北, 塹江敦哉, 大和田啓亮, 日大東北

 2013年の高校野球は、センバツで済美・安楽智大投手が準優勝、夏は前橋育英の高橋光成投手が優勝、また松井裕樹投手を打ち砕いた横浜高・高濱祐仁選手など、3年生を押しのけて2年生がヒーローとなった。2014年のドラフトは高校生が主役になるのは間違い無さそうだ。あまりに候補選手が多いので、今日は投手編のみとします。

 

怪物

 済美の安楽智大投手は1年生から150km/hを投げ、現在は157km/hを記録している怪物だ。しかもただ速いだけで無く、その球を低めに投げる事もでき、スライダーなどの変化球も鋭く、空振りを奪ったりストライクを奪う事ができる。

 実力は日本だけでなくメジャーリーグからもこれまで無いくらいに注目されている。それは最初はセンバツで772球を投げたという事だったが、18Uワールドカップではキューバ打線から10三振を奪い8回コールド6安打で完封し、18イニングを投げて防御率0.00、2勝1セーブを上げてチームの準優勝に大きく貢献した事で、世界市場を見ても来年の有望新人の一人として名前が挙がるほどだ。

 メジャーに注目された選手では、菊池雄星投手や大谷翔平選手がいるが、素質を評価された二人とは違い、即戦力として評価されている。それだけ、安楽智大投手は、格が違うといって良いだろう。

 獲得できれば田中将大投手のように日本一に貢献し、いやらしい言い方だが、ポスティングで20億円(現在の制度ならば)を獲得できる事が確実の安楽投手を放っておくはずはない。

 

例年ならば超目玉と呼ばれる投手

 安楽投手がいない例年ならば、超目玉となっていそうな投手が高橋光成投手で、投球フォーム188cmからキレイなフォームで投げ下ろすストレートは角度があり148km/hを既に記録している。スライダーのキレ味も一品で、間違いなくドラフト1位だ。ただし、夏の甲子園では準決勝くらいからフォームは疲れで崩れており、18Uでは登板が無く、秋季大会でも初戦敗退と反動が出てきている。絶妙なフォームのバランスで投げていた投手だけに、そのフォームを取り戻すのに少し苦労をするかもしれない。周りからの注目がプレッシャーにならないようにして欲しい。

 他にも149km/hの大和広陵・立田将太投手も注目だ。高校1年時は安楽投手と並んで評価された投手で甲子園にも出場したが、相手を見て力を加減する投手で凄いという投球は見せなかった。ただし高校3年時を見据えて、力をためているのではないかと思いたくなる体力を持っている。本気になった立田投手がどんなピッチングを見せるか楽しみだ。

 さらに東海大相模の佐藤雄偉知投手も191cmから146km/hの速球を投げるキレイなフォームの投手。体重も90kgに達しており身体も出来上がっている。吉田一将投手を3年も4年も成長を早くしたような投手で、例年ならば超目玉と呼ばれそうな投手だ。チームメイトの青島凌也投手も181cmから145km/hを投げ、中学時代から高く評価されている投手。

そのほかにもドラフト上位候補続々

 センバツで注目されそうなのは、秋季大会で聖光学院の県内連勝記録を止め、東北大会でも活躍した147km/h右腕、日大東北の大和田啓亮投手。安楽、高橋光の出場しないセンバツで先手を狙う。東北では1年時から注目されてきた盛岡大付の松本裕樹投手も181cmから147km/hを投げる。甲子園では既に常連で好投を見せるが、もっと期待したい投手でもある。

 右腕では清水商の国松歩投手や身延高の145km/h・松永勇輝投手、明徳義塾の岸潤一郎投手にも注目したい。

また左腕では完全試合を達成し、センバツ優勝を成し遂げた浦和学院の小島和哉投手に注目したい。176cmとそれほど大きくなく球速も140km/h前後だが、ストレートのキレが素晴らしく狙っていても空振りする。変化球やフォームも申し分なく、後は球威をという事になる。浦和学院は進学する選手が多く小島投手はどんな進路を取るのかにも注目したい。また高松北の塹江敦哉投手は146km/hを投げる左腕で既にプロ複数球団がマークをしている。評価は高く、今年はメディアにも名前が何度も出てきそうだ。いろんな情報が入ってくるだろう。

 センバツに登場しそうなのが佐野日大の田嶋大樹投手で、145km/hを投げる左腕投手。まだ粗削りな感じだが素質は十分で、この冬の成長が楽しみな投手。


PAGE TOP