高橋光成投手が自己最速の149km/h記録、巨人スカウトなど11球団27人スカウト注目

高校野球ドラフトニュース 侍ジャパン 巨人ドラフトニュース 2014年ドラフトニュース

 アジア選手権を控える侍ジャパン18U代表が、近畿大学の1,2年生と練習試合を行い、6-3で幸先の良いスタートを切った。ドラフト1位候補の高橋光成投手は制球を乱したものの自己最速の149km/hを記録、巨人スカウトなどが評価をした。

5安打3失点

 投球練習で代表の高橋監督より「すごい球をなげている」とエースに指名された高橋光成投手、この日の練習試合で先発すると初回に2者連続三振で立ち上がる。しかし3四死球を与えて初回に1失点、4回にも2失点するなど3回2/3を投げて5安打3四死球で3失点、4奪三振を記録するも制球力に課題を見せた。

 しかしストレートはこれまでの自己最速148km/hを上回る149km/hを記録した。高橋投手も「ストレートは出ていたという意識はあった」と話した。「実戦間隔が空いていたので緊張した。四球からの失点が修正点」と課題を挙げた高橋投手、昨年夏の大会のように角度のあるストレートを低めに、そしてスプリットを低めに落とすピッチングができるかに注目だ。

 

11球団27人のスカウト集結

 プロ注目の選手が集まる代表合宿とあり、プロ野球11球団27人のスカウトが集まった。高橋投手のピッチングについては巨人の益田スカウトが「投げる時の立ち居振る舞いがしっかりしている」と評価した。

 高橋投手は甲子園で優勝したとはいえ、まだ未完成な投手と言える。特に球速については常時140km/h台中盤というのではなくほとんどは140km/h台前半、しかしキレイな腕の振りから精度の高いコントロールと角度のあるストレートが魅力。

 まだ盛岡大付の松本裕樹投手のように下半身の土台がしっかりしているような感じでもなく、そこを鍛えれば常時140km/h中盤を投げられフォームも固まるだろうという印象、将来が楽しみな投手という評価だろう。

 群馬大会3回戦以来、約1か月半ぶりの実戦登板。「間隔が空いていたので、ストレートの切れは良かったが球が荒れてしまった」と初回、四球が絡んで失点した。高橋広監督(59)に「変化球でかわさないで、まっすぐを使え」と言われた2回から本領発揮。木製バットを使う国際大会では「打ち取るには内角が必要」と強気に内角を攻め、打者のバットを詰まらせた。

 自己最速となる149キロを記録した右腕に対し、巨人・益田スカウトは「投げる時の立ち居振る舞いがしっかりしている」と高評価。

 3四死球を与え「実戦間隔が空いていたので緊張した。四球からの失点が修正点」と振り返った。それでも初回に自己最速を1キロ更新する149キロを計測し「スピードは良い感じ」。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント