侍ジャパン18U代表の先発・スタメンを予想

高校野球ドラフトニュース 侍ジャパン

 メンバーが発表された侍ジャパン18U代表、どのような打順になるのか、どのような先発ローテーションになるのか予想してみる。

先発ローテーション

 18Uアジア選手権の日程は次の通り。

一次ラウンド
1日フィリピン
2日スリランカ
3日中国
決勝トーナメント
5日準決勝
6日決勝or三位決定戦

 

 1次ラウンドで敗れる事は無いと思う。決勝トーナメントでは韓国、台湾が出てくるとみられ、準決勝、決勝がポイントとなる。

 代表では岸潤一郎投手、森田駿哉投手、山城大智投手、飯塚悟史投手、高橋光成投手、小島和哉投手がいるが、疲労が少なくエースに指名された高橋光成投手が中国戦と決勝に出てくるのではないかと思う。フィリピン、スリランカは戦力に差があるため細かく継投し、小島投手の実戦感覚を取り戻したり、甲子園出場組の疲労の具合を見極める。

 ただしポイントは準決勝となりそうで、森田駿哉投手か小島和哉投手の左腕の調子が良い方が先発という事になりそうだ。

打順

 一方野手に関しては、4番は岡本選手が指名されている。1番、2番を脇本選手、徳本選手の俊足コンビにするのか、2番に峯本選手を入れて長打力で勝負するのかが注目される。

 また3番には足もある浅間大選手、5番には勝負強い香月選手が入りそうだ。捕手では甲子園で活躍した岡田選手を使うか、スローイングなど総合力でプロからの評価も高い栗原選手を使うかが注目される。また甲子園でもホームランを放った岸選手がレフトでノックを受け好プレーを連発したようで、レフトで出場しそうだ。

予想スタメン

1DH脇本直人健大高崎
2峯本匠大阪桐蔭
3浅間大基横浜
4岡本和真智弁学園
5香月一也大阪桐蔭
6岸潤一郎明徳義塾
7岡田耕太敦賀気比
8吉田有輝履正社
9徳本健太朗龍谷大平安

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント