滋賀学園・神村月光投手、後藤克基捕手のプロ注目バッテリーでセンバツ挑む

滋賀学園, 神村月光, 後藤克基, 棚原孝太

センバツに出場する滋賀学園、1年生エースとして昨春のセンバツで登板していた神村月光投手と140m弾を放ちプロスカウトが注目する後藤克基捕手のバッテリーでセンバツに挑む。

神村月光投手

神村投手は170cmと小柄ながら最速144キロの速球を投げ、昨年春のセンバツでは1年生ながら背番号1をつけて登板、1回戦の桐生第一戦で5失点(自責点1)で完投すると、続く釜石戦も8回2/3を4安打1失点と好投した。準々決勝では優勝した智弁学園と対戦し6回6失点でマウンドを降りたが、高校初の準々決勝進出の立役者だった。

しかしその後は他校が神村投手を分析し、また体重が5kg減るなどして不調となり、秋は智弁和歌山戦で先発し勝利をするも6回6失点し、その後はリリーフに回った。同学年の棚原孝太投手が報徳学園を完封してセンバツ出場の立役者は棚原投手だった。そして山口監督は「一度リセットさせた方がいい」とその後はノースローとし、走り込みや下半身強化などに取り組み、体重を増やすことにも取り組んでいるという。

昨年春以上の投手となって甲子園に還ってくることができるか、そして背番号1を守り通せるか、神村投手に注目したい。

プロ注目捕手

また後藤克基捕手は173cm76kgと体は大きくないものの、昨秋の智弁和歌山戦で推定飛距離140mの民家直撃弾を放ちプロのスカウトを驚かせた。昨秋の近畿大会はホームランがポンポン飛び出す少し異常さも感じさせる大会だったが、それでもこの飛距離はものすごい。

高校通算25本塁打を記録しているが、「ホームランは野手の間を抜ける打球の延長にあるものと思っている」と話し、まずは堅実な打撃で甲子園で活躍を誓う。

注目バッテリーがセンバツで話題となるか楽しみ。

滋賀学園高校のドラフト候補選手の動画とみんなの評価

センバツ出場校とドラフト注目選手

最速144キロ右腕、変化球も磨き躍進へ 中日スポーツ紙面 2017/2/3

PAGE TOP