日大三が横浜高に勝利、櫻井周斗投手などに阪神、巨人、千葉ロッテ注目

日大三, 横浜高, 万波中正, 櫻井周斗, 金成麗生

日大三はこの日、横浜高校と2試合を戦い、1戦目にエースで主将の櫻井周斗投手が先発した。140キロの速球も4回2失点、しかしスカウトは高い評価を示した。

絶対的なボールを持っている

櫻井周斗投手はこの日は万波中正選手や増田珠選手など右が並ぶ横浜高校打線を、センバツ初戦で当たる履正社打線と想定し、4番万波選手を履正社4番の若林将平選手と見立て、スライダーばかりを4球続けて空振り三振に仕留めた。万波選手は「2打席目に対応できたが、球速もキレも見たことのないスライダーだった」と話した。

しかしスライダーの軌道が安定せず3暴投が絡んで2失点、4回を投げて4安打2失点と「抑えようとして力んで序盤は浮いてしまった」と反省したものの、ストレートはスカウトのスピードガンで140キロを記録し、スライダーで三振2つを奪いった。「上位打線が振ってくれた」と武器のスライダーには自信を持った。

また櫻井投手は打撃も注目されているが、2試合目には3番センターで出場すると、こちらも右投手を、履正社の竹田祐投手と想定し2安打を打った。

この日は阪神、巨人、千葉ロッテの3球団のスカウトが視察し、阪神・畑山チーフスカウトは「あのスライダーは右も左も打ちづらい。絶対的なボールを持っている。今後も注目する。」と話すと、巨人の岡崎スカウト部長も「キレが良すぎてボールになるくらい」と評価した。

金成選手は無安打

この日は櫻井投手が投げた初戦を4-3で勝利、2戦目は0-7で敗れた。打の注目選手・金成麗生選手はこの日は2試合6打数でノーヒットに終わった。「打たなきゃという気持ちが空回りした。自分のタイミングでスイングができていなかった」と反省したが、試合後のシート打撃でさく越えを打っていた。

宝刀・スライダーを持つ櫻井投手、履正社戦でさらに名を挙げ、プロからの注目をますます高められるか、そしてその時には進路にも注目される事になりそうだ。

日大三高校のドラフト候補選手の動画とみんなの評価

2017年度-高校生投手-左投のドラフト候補リスト

「抑えようと力んで、序盤は浮いてしまった」と直球の制球に課題は残ったが、決め球・スライダーの感触には手応え。横浜の大砲・万波に4球連続で投じて空振り三振を奪うなど「上位打線が振ってくれた」と、収穫を挙げた。

大会第1日の第2試合で履正社(大阪)と対戦するだけに「右打者は(履正社の強打者)若林のつもりで投げました」とうなずいた。プロ注目の4番・金成麗生内野手(新3年)は、2試合で6打数無安打だった。


PAGE TOP