侍ジャパンU18代表、田浦投手打たれて打線が抑えられ韓国に敗戦

川端健斗, 櫻井周斗

侍ジャパンU18代表はこの日、スーパーラウンドの最終戦となる韓国と対戦し、4-6で敗れ、決勝戦出場を逃した。

田浦投手先発も

侍ジャパンはこの日、これまで5試合にリリーフで登板し、12回1/3を投げて無失点、27奪三振と好投をしていた投手のキーマン・田浦文丸投手を先発起用したがこれが失敗した。初回に3失点すると、2回にも押し出しなどで2失点して降板した。

3回途中からは同じ秀岳館の川端健斗投手が登板すると、4回に1失点をしたものの、6回2/3を3安打6奪三振4四球とまずまずの投球を見せた。

清宮選手抑えられる

攻撃陣は2回、初回に3点を先制されたがすぐに3点を奪い返し追いついた。この日3安打と好調だった5番・櫻井周斗選手のヒットから四球や相手エラーを絡め、9番・西巻賢二選手の2点タイムリーヒットで同点とした。

しかしその裏に2点を勝ち越させると、特に2番・小園選手、3番・安田選手、4番・清宮選手がノーヒットに抑えられ、チーム全体で5安打しか打てなかった。清宮選手は「自分が1回も出塁できなかった。申し訳ないなというのがすごくある。ボールは見やすかったんですが、打ち損じが多かった」と話した。

1右 藤原恭大  5-1 0打点
2遊 小園海斗  4-0 1打点
3三 安田尚憲  3-0 0打点 1四球
4一 清宮幸太郎 4-0 1打点
5左 櫻井周斗  4-3 0打点
6指 中村奨成  1-0 0打点 3四球
7捕 古賀悠斗  3-1 0打点 
8中 丸山和郁  2-0 0打点
 打 井上大成  1-0 0打点
 中 増田珠   1-0 0打点 
9二 西巻賢二  2-1 1打点
 二 鯨井祥敬  1-0 0打点
 打 伊藤康祐  1-0 0打点

田浦文丸 1回1/3 4安打 2奪三振 3四球 5失点
川端健斗 6回2/3 3安打 6奪三振 4四球 1失点

侍ジャパンは3位決定戦で再びカナダと対戦する。これがこの夏の最後の試合となる。

侍ジャパンU18日本代表選手


PAGE TOP