日大鶴ヶ丘・勝又温史投手が146キロ記録

日大鶴ケ丘, 早稲田実, 野村大樹, 勝又温史

秋季高校野球東京大会では、2回戦で早稲田実と日大鶴ヶ丘が対戦し、早稲田実が10-4で勝利した。日大鶴ヶ丘は2番手で登板した勝又温史投手が146キロを記録した。

146キロ

日大鶴ヶ丘の勝又温史投手は、1年生の夏にベンチ入りするとリリーフとして3試合に登板するなど期待を集めていた。しかし2年生となった今年の夏は登板は無く、チームも3回戦で敗退をしていた。

この日の早稲田実戦では、6回途中から登板したものの早稲田実打線につかまって6点を失った。それでも最速146キロを記録して力強い球を見せた。この冬の成長に大いに期待したい。

センバツへ

早稲田実は新主将となった野村大樹選手がチームを引っ張る。捕手として投手陣を引っ張るとともに、高校通算45本塁打の主軸として打撃でも期待がかかる。

この日は3番を打つと犠牲フライで1点を挙げ、1安打1打点という成績だったが、「苦しい展開でしたが、あきらめずにいこうと。清宮さんから学ぶことは多かった。これから自分の色を出せればと思います」と話した。

2018年度-高校生-東京都のドラフト候補リスト

3番・野村大樹捕手(2年)は1安打1打点。救援で最速146キロを計測した相手右腕・勝又から中犠飛を放った。「粘り強いのが早実の野球。自信になる」と手応え十分。


PAGE TOP