東海大菅生の144キロ右腕・戸田懐生投手が9失点、センバツ絶望的

東海大菅生, 戸田懐生

夏の甲子園ベスト4の東海大菅生はこの日、秋季高校野球東京大会の1次予選で二松学舎大付に敗れ、センバツ出場が絶望的となった。

エースが9失点

夏の甲子園で背番号10をつけ、完投勝利を挙げてチームのベスト4入りに貢献した戸田懐生投手は、この秋から当然エース番号を背負う。最速144キロを記録し来年のドラフト候補としても注目される存在になった。

しかしこの日は、同じく甲子園に出場をした強豪・二松学舎大付と対戦したが、低めのスライダーを見極められて苦しいピッチングになると、8回を投げて9失点し、「力のなさを感じた。」と反省した。そして「空振りが取れるストレートを目指してやっていきたい」と話し、この冬にストレートの質やスピードを磨く決意を見せた。

これでセンバツ出場は厳しくなったが、若林監督は「夏までにはいいチームになる。彼らがどう発奮するか」と話し、夏に目を向けていた。

2018年度-高校生-東京都のドラフト候補リスト

優勝候補筆頭の東海大菅生が新チーム初戦で姿を消した。甲子園でも完投勝利を挙げた最速144キロ右腕・戸田懐生投手(2年)は8回9失点。低めのスライダーに手を出してもらえず「力のなさを感じた。直球の質をもっと上げたい」と課題を口にした。若林弘泰監督は「夏までにはいいチームになる。彼らがどう発奮するか」とナインに成長を求めた。


PAGE TOP