東海大相模・森下翔太選手が一発、高校通算46本

東海大相模, 森下翔太

東海大相模の森下翔太選手が、佐久長聖との練習試合で、高校通算46号となるホームランを放った。

原辰徳氏抜く

森下翔太選手は、11日の練習試合で通算45号を打ち、この日の練習試合の第1試合でも2日連続のホームラン、高校通算46号とした。東海大相模では原辰徳氏が高校通算44本で、その記録を抜き去った。

この日は、4回ノーアウト1,3塁の場面で初球を振りぬき、レフトのフェンスを越えていった。「真っすぐをうまくたたけた」と話した。

これから練習試合も続くため、センバツ大会の甲子園までに50本を越してしまうかもしれない。今年1年で安田尚憲選手の65本くらいまで近づいてほしい。今年高校生野手が注目される中で、スラッガータイプの選手としてはNO.1の存在と言ってよいだろう。

2018年度-高校生外野手のドラフト候補リスト
東海大相模高校のドラフト候補選手の動画とみんなの評価
佐久長聖高校のドラフト候補選手の動画とみんなの評価

今秋ドラフト候補の森下翔太外野手(2年)が第1試合で高校通算46本目となる本塁打を放ち、存在感を示した。四回裏無死一、三塁で「真っすぐをうまくたたけた」と初球を強振。11日の練習試合で原辰徳氏の44発を抜いた右の大砲は、聖地での50号達成を射程圏内とした。


PAGE TOP