日本通運・生田目翼投手が152キロ、パナソニック・吉川峻平投手に勝利

パナソニック, 日本通運, 北川利生, 生田目翼, 吉川峻平

東京スポニチ大会では日本通運とパナソニックが対戦し、日本通運・生田目翼投手が152キロの速球で6回1安打無失点に抑える好投で勝利に貢献した。

152キロ

生田目翼投手は流通経済大時代に155キロを記録し、田中正義投手と共に注目された。しかし大学4年時に故障のため登板がほとんどなく、プロ志望届を提出したものの、ドラフト会議で指名は無かった。

昨年は主にリリーフとして登板し、150キロ台の速球を連発したものの、大学時代の課題である制球に苦しむ場面も見られた。しかしこの日は、3-5となった4回から2番手で登板すると、最速152キロを記録した速球を中心にカーブを織り交ぜ、6回を1安打無失点に抑えた。チームも10-5と逆転勝利を飾った。

「カーブでストライクを取れたのが収穫」と話し、この日は変化球の制球が良く、安定したピッチングにつながった。大学時代は先発の柱だった生田目投手、長いイニングを抑えた事で、今後は先発として投げてくるのではないかと思う。都市対抗で先発として東京ドームのマウンドに立つ姿が見られそうだ。

日通は4番ライトで出場した北川利生選手も、3ランホームランなど5打数3安打4打点の活躍をみせた。昨年はドラフト候補と注目されたが、結果を残せずに指名は無かった。今年は勝負の年となる。

パナソニック・吉川投手は乱調

一方、パナソニックのエースでドラフト候補の吉川峻平は、先発をしたものの3回に3ランホームランを浴びると7回には4失点し、6回2/3を投げて9安打7失点(自責点3)と乱調だった。

「3回の本塁打はシンカーが滑った。配球に後悔はない。」と話し、7回は自責点はつかない失点だったが、この日は8球団のスカウトが来た神宮球場で、ドラフト候補としてプロのスカウトにアピールという形にはならなかった。

昨年秋のウインターリーグで、抜群のチェンジアップを見せ、今年の社会人投手の注目候補の一人となったが課題は球威、変化球を生かすために、球速を増していくことができるかが、今年のドラフト会議の指名につながるポイントとなる。

2018年のドラフト候補一覧
2018年度-社会人投手-右投のドラフト候補リスト

4回に4番・北川がプロ注目の吉川から2点差に迫る3ラン。直後から救援した生田目(なばため)が最速152キロを計測するなど最後まで力強く投げ抜き、6回を1安打零封した。打線の援護を呼んだドラフト候補は「カーブでストライクを取れたのが収穫」と手応えを口にした。


PAGE TOP