大阪桐蔭が日体大に連勝、藤原恭大選手に日本ハム、ソフトバンクなど4球団注目

大阪桐蔭, 藤原恭大, 根尾昂, 日本体育大

大阪桐蔭が日体大と練習試合2試合を行い、2試合とも10-5で勝利した。藤原恭大選手の22号ホームランなどが飛び出し、4球団のスカウトが注目をした。

藤原、根尾活躍

注目された大阪桐蔭vs日体大の高校王者と大学王者の対戦、日体大はドラフト上位候補の松本航投手、東妻勇輔投手は教育実習などで出場しなかったが、野手は主力打者がそろった。

その中で大阪桐蔭が2試合に勝利した。1戦目では6-5で迎えた7回、藤原恭大選手が先頭バッターで打席に入ると、左サイドの春田優成投手の変化球を捉え、ライトフェンスを越えるホームランを放った。「変化球を打たないと、通用しないと思って狙っていた」と話し、会心の高校通算22号ホームランに「自信になる」と喜んだ。

また根尾昂選手も2試合に遊撃手で出場し、1戦目はノーヒットも3四死球を選び、2戦目は初回ににヒットを放つなど2安打1打点、8回にはショートの守備でダイビングキャッチするファインプレーを見せた。「高いレベルの相手と戦い、広くコースを使ってくると思った」と話し、投手のコントロールの幅を感じていた。

4球団スカウト視察

この日は4球団のスカウトが視察に訪れたが、福岡ソフトバンクの荒金スカウトは藤原選手について、「身体能力の高さで持って行った一発、全開ですね」と話すと、北海道日本ハムの大渕スカウト部長も藤原選手について、「実戦に強い。いい肩も見せてもらった」と守備の面に注目していた。

日体大の古城監督も「2試合ともコテンパンにやられた。藤原君は軸のぶれないスイングで、根尾君は体のバランスがいい。」と評価し、「10点取られるのはなかなかない。根尾君、強烈ですよね」と話した。

他のプロ注目選手も

この日の大阪桐蔭は、1戦目は横川凱投手が先発し、9回を5失点で投げ切った。また2戦目では柿木蓮投手が先発し、山田健太選手、中川卓也選手がホームランを放っている。投打にプロ注目の選手たちがそろって活躍し、大阪桐蔭の強さを見せた。

日本体育大学のドラフト候補選手の動画とみんなの評価
大阪桐蔭高校のドラフト候補選手の動画とみんなの評価

日本ハム・大渕スカウト部長は「実戦に強い。いい肩も見せてもらった」と守備面も評価した。

公式戦復帰初戦での5安打から一夜明けても、リードオフマンは好調を維持している。今秋ドラフト1位候補の藤原恭大外野手(3年)が第1試合で昨秋以来の一発。七回の先頭で変化球にうまく反応し「あれを打たないと通用しない」と納得の高校通算22号だ。大学生左腕からの豪快弾に「7カ月ぶりくらい。やっぱりホームランはいいな」と笑った。


PAGE TOP