法政大・森田駿哉投手が145キロ、1年生・三浦銀二投手が150キロで勝利

法政大, 森田駿哉, 三浦銀二

法政大は復活を目指す森田駿哉投手が復帰後初となる先発のマウンドに上った。4回からは昨年注目されたの三浦銀二投手が登板し150キロを記録、6回2安打無失点の好投を見せた。

復活マウンドに向けて

この日の明治大戦では、法政大4年の森田駿哉投手が、東京六大学で1年生春以来の先発のマウンドに上った。しかし初回に、明治大の越智達矢選手のタイムリーなどで2失点すると、3回にもタイムリーを浴びて3失点、3回7安打3失点となった。

それでも球速は145キロを記録、まだ相手打線を抑える球にはなっていないが、約3年間のブランクから、登板できていることを喜びたい。秋は1勝を目指したい。

三浦投手150キロ

法政大は4回から1年生の三浦銀二投手が登板する。昨年は福岡大大濠高校のエースとしてプロからも注目され、147キロの速球にコントロールの良さを見せていた。

今年は1年生ながら、短いイニングではあるものの7試合に登板し、前日の明治大戦で1/3回を抑えて初勝利を手にしていた。そしてこの日は早いイニングからの登板となったが、最速150キロを記録したストレートで明治大打線を抑え込み、6回を2安打5奪三振で無失点に抑え、2勝目を手にした。

「チームの勝ちにつながるピッチングができて、良かったです」と話した三浦投手、「同世代の人には刺激をもらっていますし、負けたくない気持ちです」と、リーグですでに力を見せている、立教大・川端健斗投手、早大・徳山壮磨投手、明大・磯村峻平投手を意識している。徳山投手、磯村投手が1勝、そして川端投手がこの日2勝目を挙げ、1年生投手たちの戦いが、早くも熱を帯びている。

切磋琢磨して4年生の秋には、全員が喜びの笑顔になるように、ケガなく成長してほしい。

2018年度-大学生投手-左投のドラフト候補リスト
2021年度-大学生のドラフト候補リスト

最速145キロをマークしたが、3回を7安打3失点。4回からは三浦銀二投手(1年=福岡大大濠)にマウンドを譲った。

法大・三浦がまた勝った。4回から2番手で登板。リーグ戦自己最長の6回を投げて2安打無失点、自己最速を2キロ更新する150キロをマークした。前日の1回戦では9回途中から救援し、打者2人に投げて無失点。直後のサヨナラ勝ちで初勝利が転がり込んだだけに「今日の方が達成感がある」と汗を拭った。

昨夏のU18高校日本代表でチームメートだった立大・川端健斗投手(秀岳館)、早大・徳山壮磨投手(大阪桐蔭)、明大・磯村峻平投手(中京大中京)らの存在を力に変える。3選手ともに、リーグ戦で初勝利をマーク。徳山、磯村はリリーフだが、川端は先発で白星も挙げた。「同世代の人には刺激をもらっていますし、負けたくない気持ちです」と三浦。日本ハム清宮(早実)、ロッテ安田(履正社)らプロに進んだ選手の活躍も刺激にする。


PAGE TOP