横浜高1年・度会隆輝選手はこの日も代打で安打、5打数5安打

横浜高, 度会隆輝

横浜高校の1年生・度会隆輝選手は、この日の決勝戦でも代打で登場するとヒットを放ち、今大会では代打で5打数5安打と天才的な打撃を発揮している。

父・兄を越え

この日の南神奈川大会決勝でも、度会隆輝が代打で登場しヒットを記録した。7回先頭打者で打席に立つと、7球目をセンター前にはじき返した。

今大会は初戦の逗子戦で初スタメンで4打数2安打、その後はスタメン出場はできなかったが、2戦目からこの日の決勝戦まではすべて代打で登場し、5打数5安打を記録、代打成績は10割、9打数7安打2打点で現在、6試合にわたって6打席連続ヒット中だ。

度会選手の父は元プロの博文氏で、父も八千代松陰高校で甲子園出場を目指したが出場できなかった。また兄も拓大紅陵でプレーをしていたものの甲子園出場はできず、現在は中央学院大でプレーをする。度会選手は、「父には、甲子園で頑張るから、と伝えたい」と話し、家族悲願の甲子園出場に胸を張った。

1年生で180cm76kgの体があり、遠投は105m、50m6.1秒の身体能力も持つ外野手。ただし横浜高校は万波中正選手、長南有航選手、そして5番で活躍を見せた河原木選手が外野を守るため、スタメンでの出場は難しい。しかし、状態によっては甲子園でもスタメン出場の可能性は十分ある。

2年後にどれだけのヒットを積み重ねているのか見当もつかない天才バッターの、まずは甲子園での打撃に注目したい。

横浜高校のドラフト候補選手の動画とみんなの評価
2020年度-高校生のドラフト候補リスト

3万人近くの大歓声の中、七回先頭で打席に立った度会は、7球目を中前にはじき返した。「観客の人数も準決勝とだいぶ違って、まずは驚きました。そこからは早く打席に立ちたいなという思いになりました」
 1年生で迎えた、初めての夏の決勝。満員の横浜スタジアムという大舞台にも物おじせず、持ち前のバットコントロールを発揮した。これで今大会は、初戦の逗子戦で公式戦初先発を4打数2安打で飾ったのを皮切りに、6試合全てで安打。2戦目からの5試合はすべて代打で5打数5安打、大会通算9打数7安打2打点という活躍を見せた。初戦の最終打席が安打で、6打席連続安打のまま甲子園入りする。


PAGE TOP