藤原2発&根尾選手とアベック弾、異例視察続くスカウトにあらためて衝撃

大阪桐蔭, 藤原恭大, 根尾昂

大阪桐蔭の根尾昂選手、藤原恭大選手が、この日の浦和学院戦で、ドラフト上位候補の渡邉勇太朗投手からアベックホームランを放ち、藤原選手は1試合2発も記録した。プロ各球団は異例ともいえる、準々決勝でのスカウトトップクラスの視察を行った。

アベック弾

根尾昂選手は2回、渡邉勇太朗投手の140キロのストレートを捉えると、左中間スタンドに放り込むホームランを放った。「ショートの頭上に打つのが、自分の持ち味。いいスイングができたし、風にも乗りました」と話した当たりは、初回から140キロ後半の速球とスライダーを投げ、勢いづきそうな渡邊投手の気勢をそぐホームランだった。

すると5回、インコース攻めをされていた藤原恭大選手選手が、そのインコースの球をフルスイングすると、打球はライトスタンドに飛び込むホームランとなった。そして8回、今度は高めの変化球を捉えると、打球はバックスクリーンに消えた。「2本目は完璧。上からしばいたら、あれだけ伸びるんだな」と話し、会心の当たりだった。また3回にはぼてぼての一塁ゴロを、50m5.7秒の足で内野安打とした。

プロ絶賛

甲子園大会でプロのスカウトは、基本的に1,2回戦を視察し、その後は居残りスカウトだけが視察をすることが多い。しかしこの日は、巨人の岡崎スカウト部長や、千葉ロッテ・永野チーフスカウトなど、巨人、北海道日本ハム、千葉ロッテ、横浜DeNAなど6球団以上がスカウト幹部クラスが再度の視察を行っている。

巨人・岡崎郁スカウト部長:「藤原君の1本目は初球を狙っていた。2本打っていよいよ本領を発揮した。根尾君は投手としても素晴らしいが、内野手とs知恵は小園君を含め、プロ入りしてからの上積みが期待できる。」

千葉ロッテ・永野チーフスカウト:「藤原君に1本目は120%内角ストレートを張っていた。前の打席で厳しい内角球にどん詰まりにされた球を待って、右翼席に運んだ。普通の高校生ではよくて芯を食ってファウルで、それを本塁打にした。1発で仕留められる技術があるし、とにかく集中力がすごい。プロの投手と打者の対決でやるレベルのことを意地でやっている。このホームランで1位は決まりだね」

東京ヤクルト・阿部健太スカウト:「藤原君は、前の打席で打ちとられたような球を狙って、一球で仕留めて右翼へ本塁打。勝負強さをあらためて見せたと思う。能力の高さを再認識した。技術と能力がないと、一発で仕留めることなんてできない。根尾君は、先制点のほしいところで、ムチでも使うようにバットを体の近くで振って本塁打にした。体の強さに柔らかさも兼ね備え、順調に成長している。2人ともセンス、持っているポテンシャルが非常に大きい」

この日の勝負強さ、そして相手の投手のレベルが高くてもそれを上回ってくる二人のポテンシャルに、驚愕せざるを得ない。夏の甲子園優勝、U18での活躍、そして秋のドラフト会議での1位指名と、二人のプレーを見ていると、道がどんどんイメージできてくる。

ドラフト会議では二人とも1位指名が競合するとみられる。来年、どこでプレーをしているのかに注目したい。

大阪桐蔭高校のドラフト候補選手の動画とみんなの評価

狙った獲物を一振りで仕留めた。2―0の5回2死。大阪桐蔭の藤原は「ずっと内角ばかり攻められていたので、狙っていた」と相手の守備位置も見て読み切った。内角に来た初球の143キロ直球をフルスイングし、右翼スタンドに放り込んだ。PL学園の清原和博と桑田真澄の「KKコンビ」でさえできなかった、根尾昂との夏2度目の「NF砲」アベック弾。これが大阪桐蔭の夏46号で、PL学園の夏45本塁打を超えた。

「ずっと内角を攻められていたので、また来る」。内角高めの143キロを、腕をたたんでフルスイング。常人離れした右手85キロ、左手90キロの握力で握ったバットは力負けしない。打球はどよめきとともに右翼席へ。大阪桐蔭にとって夏通算46本目の本塁打で“強打のPL”を超えた。

ロッテ・永野チーフスカウトは「この本塁打でもう(ドラフト)1位は決まりだね」と逆方向への先制弾を絶賛した。今大会2度目の先発も務めた根尾は、自己最速タイの148キロを計測するなど5回2失点と熱投。投打で流れを呼び込んだ。

ロッテ・永野チーフスカウト「藤原は、前の打席で厳しい内角球にどん詰まりにされた球(記録は内野安打の)を待って、右翼席に運んだ。普通の高校生ではよくて芯を食ってファウルで、それを本塁打にした。プロの投手と打者の対決でやるレベルのことを意地でやっている」
ヤクルト・阿部スカウト「藤原は、前の打席で打ちとられたような球を狙って、一球で仕留めて右翼へ本塁打。能力の高さを再認識した。根尾は、先制点のほしいところで、ムチでも使うようにバットを体の近くで振って本塁打にした。勝負強さをあらためて見せたと思う」

巨人、日本ハム、ロッテ、DeNAなど6球団以上のスカウトや編成担当者が視察。巨人の岡崎郁スカウト部長は大阪桐蔭(北大阪)・藤原の2発を見届け「失投かどうかは別として打った打者が凄い」とうなった。 
ヤクルトの阿部健太スカウトも「技術と能力がないと、一発で仕留めることなんてできない」と舌を巻いた。 


PAGE TOP