桐蔭学園・森敬斗選手に日本ハム「小園タイプ、遊撃で1番」、巨人も注目

桐蔭学園, 森敬斗

センバツに登場した遊撃手のプロ注目選手、桐蔭学園の森敬斗選手の活躍に、北海道日本ハムと巨人のスカウトが評価をしている。

3安打、守備でも活躍

森敬斗選手は昨年秋の関東大会でサヨナラホームランなど3本塁打を放ち、またショートからの強いスローイングが注目されていた。そしてこの日の甲子園初戦・啓新戦で3番ショートで出場すると、4打数3安打1打点の活躍を見せた。

初回はセンター方向に強い当たりを放つと、打球は左中間の深くまで到達し、スタンディングダブルで2ベースヒットとなった。また第3打席にもレフト戦ギリギリにヒットを打つと、余裕で2ベースヒットのはずだったが。ファーストベースが近づいているにも関わらず打球を見ていて、危うく踏み忘れそうになり慌ててベースを踏みなおしたため、シングルヒットとなった。

そして7回、1アウトランナー3塁の場面で、内野ゴロでも1点という場面だったため楽にショート方向にヒットを打つ。そしてショートが1回ステップをいれてからファーストに送球すると、すでに森選手はベースを駆け抜けていた。50m5.8秒の俊足を見せた。

また守備でも、普通なら飛び込むことすらあきらめるような距離のゴロにも、あと少しで捕球できそうなダイビングを見せたり、あとは捕球してからの送球は、140キロ以上は出ているんじゃないかというくらいの強い送球だった。ほとんどはファーストの胸元に来ていたが、最後は力がこもり、アウトになったもののファーストの頭の上にいった。秋も同じような送球で悪送球をしているが、送球が強いためファーストも捕球できない事がある、それだけ強い送球をすることができる。

小園タイプ

秋の3本塁打で高橋由伸2世と注目された選手だが、この日、視察した北海道日本ハムの山田スカウト顧問は「小園タイプ。今大会の遊撃で1番かな」と話した。小園選手はショートで根尾選手以上という守備を見せ、また昨年夏は外野手の頭を超える2ベースヒットを連発した。そしてドラフト会議では根尾選手に並ぶ4球団の1位指名を受け、オープン戦でも2本のホームランを放つなど打撃の強さも見せている。

また巨人の長谷川スカウト部長は「バネがあるし、体にバットがついてくる。田中広、井口の高校時代と比べても遜色ない」と評価した。

この日、唯一ヒットを打てなかった第2打席、2回2アウト満塁の場面で外角の球を当てようとして空振り三振となった。「3安打したけど、忘れないのは2回に打てなかったこと。冷静になっていれば」と話し、「忘れないようにしたい」と続けた。

インタビューでは「練習が足りない」という言葉を6回も話したという。はっきりとした目鼻立ちやプレーで見せた強い気持ちで、夏に再び甲子園でプレーすることを誓った。

評価

昨年秋に3本塁打を見せ、センバツではホームランも期待されたが、通算本塁打数は10本とそれほど多くないのが森選手、冬に体重が6kg増して体がさらに強くなった感じがあり、ショートでのプレーも打球も鋭さがある。

小園選手のように守備で十分アピールできる選手で、打撃は中距離バッタータイプとしてホームラン数では評価せず、打球の強さ、そして足の速さがあり、今後、U18代表でも1番、または3番ショートとしてプレーするのではないかと思う。

桐蔭学園は進学してからプロ入りする選手が多いが、今年のドラフト会議でプロ志望届を出せば、昨年、小園選手、根尾選手、太田選手などの遊撃手を獲得できなかった球団が2位前後で指名する可能性があると思う。

センバツ注目遊撃手TOP5は?
センバツでホームランが注目される選手は?
2019年度-高校生内野手のドラフト候補リスト

巨人・長谷川スカウト部長は「バネがあるし、体にバットがついてくる。田中広(広島)、井口(ロッテ監督)の高校時代と比べても、遜色ない」。日本ハム・山田スカウト顧問は「小園(広島)タイプ。今大会の遊撃で1番かな」と認めた。


PAGE TOP