桐蔭学園・森敬斗選手は5打数2安打も不満、西武、オリックス、DeNA3球団が視察も「進路考え中」

桐蔭学園, 森敬斗

センバツにも出場した桐蔭学園が夏初戦を迎え、プロ注目の内野手・森敬斗選手にプロ3球団のスカウトの視線が集まった。

調子が悪い

森敬斗選手はこの日、初回にショートゴロの機会が訪れたが、待って捕って強いスローイングを見せたものの内野安打にしてしまった。内野手の最も恥ずかしいプレーをしてしまう。「もう少し1歩目の速さ、キレを意識しないといけない」と話した。

打撃でも初回に一塁にランナーがいる場面でショートゴロで併殺、第2打席は頭部に四球を受けた。7回に一塁強襲ヒット、9回にはセンターオーバーの2ベースヒットを打って5打数2安打としたものの、試合後には、「調子が悪いんです。だから力んでしまう。体が切れていないのもあります」と話した。

高校生内野手で特に守備では昨年の小園選手や根尾選手と比較されるなど、高い評価を受けており、この日も埼玉西武、オリックス、横浜DeNAの3球団が視察に訪れた。しかし、プレーにキレがない森選手の姿は、新聞紙でも取り上げられる記事は少なく、代わりに1年生で先頭打者ホームランを放ち、3安打4打点の活躍を見せた木本圭一選手が大きく扱われた。「今日は木本に救われた部分もあります」と話したものの、内心は複雑だっただろう。

進路についても迷いを持っているようで、質問をされると「考え中です」と話した。プレーの質の高さはもうすでに十分に証明されており、後は気持ちの問題か。進路について、最後の夏についてなどいろいろな悩みを抱えているのかもしれないが、それは期待され望まれる者、注目される者の悩みで、他の人は経験することのできない贅沢な悩みだ。まずはどれかで答えを出すことで、一つスッキリして行けばすべてに対してよい流れになるのだと思う。

苦悩でスタートした森選手が、この夏の最後には笑顔で終われるようになることを期待したい。

2019年度-高校生-神奈川県のドラフト候補リスト
2019年度-高校生内野手のドラフト候補リスト夏の高校野球・神奈川大会の展望(2019)と注目選手:ドラフト注目度A

ハイレベルな走攻守を備え、今春センバツでもNPBスカウト陣の注目を集めた。「小園や根尾に匹敵する素質を持っているかもしれない」と、昨秋ドラフト1位の高校生遊撃手たちの名を挙げて比較するスカウトもいるほどだ。この日も小雨の中で西武、オリックス、DeNAの3球団が視察。熱心に映像を撮影した。森自身は「考え中です」と、まだ希望進路を絞り切れていない。


PAGE TOP