石岡一・岩本大地投手が146キロもまだ50%、14奪三振で完封

岩本大地, 石岡一

石岡一が強豪の土浦湖北とこの夏の初戦を戦い、プロ注目の147キロ右腕・岩本大地投手が9回4安打14奪三振の快投を見せた。

146キロは7回にマーク

茨城の強豪・土浦湖北が初戦となった石岡一、エースで最速147キロ右腕・岩本大地投手が先発をすると、序盤から常時140キロをオーバーする投球を見せた。しかしフォームに力みは無く、センバツで見せたようなチェンジアップ、カーブ、スライダーを織り交ぜる投球で「腕を振ったらバッターも振ってくれるので」と、球に力を籠めるのではなく、変化球でもしっかりと腕を振った。

それでも7回当たりから力を入れ始めると、最速146キロを記録し、7回2アウトからは6者連続三振を奪いややペースを上げた。それでも、「ギアは上げてない。」と話し、春からさらに下半身を鍛え、普通に投げても威力のある球を投げられる状態に仕上げてきた。そして、「真っすぐの仕上がりはまだ50%。」と驚きのコメントもしている。

全ては甲子園出場のため。「春に甲子園に出て、また夏もいきたいという気持ちが強くなっています。茨城を勝ち上がるためにもまだ上げていきたい」と話す岩本投手、春は霞ヶ浦や藤代、常総学院などが話題を集め、センバツ後はややおとなしめだった石岡一だが、ライバル投手や常総の強力打線に視線を置かずに、甲子園だけを見つめていた。

次は水戸啓明と対戦する。本気の岩本投手がどんな投球を見せるのか、今後も目が離せない。

2019年度-高校生投手-右投のドラフト候補リスト
2019年度-高校生-茨城県のドラフト候補リスト
夏の高校野球・茨城大会の展望(2019)と注目選手:ドラフト注目度A

りきみのないフォームで、石岡一・岩本は淡々と右腕を振った。この日の最速146キロの直球にスライダー、チェンジアップを織り交ぜ三振の山を築く。9回111球、4安打無失点、14奪三振。完封での快勝発進も「真っすぐはまだ50%ぐらい」と冷静に振り返った。

「真っすぐの仕上がりはまだ50%。春に甲子園に出て、また夏もいきたいという気持ちが強くなっています。茨城を勝ち上がるためにもまだ上げていきたい」と石岡。頂点を目指すには、まだ有力チームとの対戦が待つだけに、初戦の出来に一喜一憂できないのだ。


PAGE TOP