大商大高の148キロ右腕・上田大河投手が3ラン被弾で涙、大学進学へ

高校野球ドラフトニュース 2019年ドラフトニュース

大阪NO.1投手と期待されていた大商大高の148キロ右腕・上田大河投手が、大商大堺戦で3ランホームランを浴びて夏が終わった。卒業後は大学進学を表明し、大商大への進学が予想される。

6回に突然乱れる

上田大河投手は182cmの大型右腕で最速は148キロを記録する。この日の大商大堺との系列対決でも先発を任され、5回まで無失点に抑える好投を見せた。

しかし6回、「こんな感覚ははじめて。冷静さをかいてしまった」と話すように、5回までは普通だった投球フォームのバランスが、6回に突然その感じが分からなくなった。そして四球と死球を与え、なんとか力で2つの三振を奪ったものの、相手の4番バッター・三好選手に3ランホームランを浴びた。カウント2ボールとなってからの球で、「カウントを整えようと投げた1球だった。ここは強風で長打が外野フライになりやすい。この打球も上がった時は中飛だと思っていた」と、計算をしての球だったが、その打球が予想を上回った。

その後は再び立ち直り、9回まで再び無失点を続けた。9回を投げて5安打10奪三振で3失点、しかし味方打線が点を奪えず、2-3で敗れて3回戦で姿を消した。

大商大進学へ

上田選手は将来について、「大学に進んでプロを目指す」と話した。高橋監督は、常々「大学を経て先輩の岡田明丈や大西広樹のようなスケールの大きい投手になってほしい」と、高校のOBで大商大に進んでプロ野球選手、またはプロ注目選手になった岡田明丈投手(2015年広島ドラフト1位)、大西広樹投手(今年のドラフト候補)の名前を挙げていた。

上田投手もおそらく大商大に進むとみられ、4年後にはドラフト1位候補として注目される投手になりそうだ。

大阪商業大高校のドラフト候補選手の動画とみんなの評価
2019年度-高校生投手-右投のドラフト候補リスト
2019年度-高校生-大阪府のドラフト候補リスト
夏の高校野球・大阪大会の展望(2019)と注目選手:ドラフト注目度B

高橋克典監督(34)は「この負けを絶対に忘れるな」と話した。全ては「大学を経て先輩の岡田明丈(現広島)や大西広樹(現大商大)のようなスケールの大きい投手になってほしい」と期待があってのことだ。「大学に進んでプロを目指す」と語った上田。後輩の前では「高校野球は甘くない」とエールを送った。この悔しさは忘れない。再び飛躍するその時まで。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント