夏の高校野球・大阪大会の展望(2019)と注目選手:ドラフト注目度B

清水大成, 赤松俊祐, 井上広大, 中田唯斗, 船曳烈士, 西野力矢, 野口海音, 坪井悠太, 田淵一樹, 小深田大地, 池田凛, 関本勇輔, 上田大河, 岡大智, 藤末流魁, 千代舞世, 鳥羽勇太, 中山剛, 芝本弘平, 梅元直哉, 山本航, 藤江星河, 福田慈己, 辻野昂太, 松山侑生

夏の高校野球・大阪大会が7月6日に開幕する。148キロ右腕はさらに評価を高めるかもしれず、2年生にも楽しみな選手が多いが、昨年ほど注目された選手はおらず、地区のドラフト的注目度はB。

注目選手

昨年は、大阪桐蔭の藤原恭大選手と根尾昂選手がそれぞれ千葉ロッテと中日にドラフト1位で、横川凱投手が巨人にドラフト4位で、柿木蓮投手が日本ハムのドラフト5位で指名され、大阪桐蔭から4人が一気にプロ野球選手となった。

今年は、大商大高の上田大河投手が大阪NO.1投手。182cm80kgの体から最速148キロの速球を投げるが、制球も良く試合をきっちりと作れる。春は履正社、東海大大阪仰星などをしっかりと抑えて優勝の立役者となった。ストレートで押し込む投球も、スライダーを織り交ぜる投球もできる。広島カープの岡田明丈投手や今年のドラフト候補・大西広樹投手を上回る逸材と言える。

次ぐ評価をされるのが、大阪偕星学園の坪井悠太投手。145キロの速球は威力十分で、スライダーとナックルも冴える。2ケタ奪三振も多く、2年秋は大体大浪商から10三振を奪い完封した。センバツでは故障もあったが星稜を相手に好投を見せた清水大成投手、145キロを記録する左腕投手で、本来の力はこんなものではないはず。復調して昨年秋のような投球ができれば。

打者では、やはり履正社の井上広大選手に注目したい。先発の安田選手と同じように大きい体だが、結構手堅い打撃をする。もっと柔らかさも欲しいと思わせるが、今のスタイルを貫いても将来はプロに行けるのではないかとも思う。

その他の選手

大阪偕星学園は坪井投手が3番で強打も見せ、通算50本塁打を超す4番・辻野昂太選手、5番・松山侑生選手もそれぞれ180cm前後で体が出来上がっている選手が並ぶ。履正社・大阪桐蔭もやはり素材がすごいが、それに匹敵するクリンナップだろう。控えの福田慈己投手も147キロを記録しており、まだまだ秘められた選手がいるかもしれない。

センバツ出場の履正社は、捕手の野口海音選手や2年生の小深田大地選手も来年注目のスラッガー、さらに1年生にも185cm88kgの怪物候補・松林克真選手が入った。188cm右腕の2年生・田淵一樹投手など素質の高い選手がそろう。また捕手では2年生の関本勇輔選手がマスクを被ることが多くなったようで、卓越した打撃を見せる2年生の池田凛選手も注目される。

昨年春夏連覇の大阪桐蔭は調子は上がってこないものの、選手個々はそうそうたる面々がそろう。投手では140キロを超す球を投げる3年生の新井雅之投手、中田唯斗投手に2年生で安定感ある投球をする左腕の藤江星河投手、中学時代から素質が評価された仲三河優太投手などがおり、打線でも中野波来選手、山田優太選手、2年生の西野力矢選手や船曳烈士選手などがいる。他の高校に進んでいたら4番やエースになっていたであろう選手がそろっており、調子が上がらなくても勝ち来るくらいのものはある。

他に投手では、近大付の梅元直哉投手は142キロの速球を投げ、春に大阪桐蔭を4安打1失点に抑えた。東海大仰星の山本航投手も左から伸びのある球を投げ、昨秋・今春と安定した投球を見せる。

関大北陽の赤松俊祐選手は高校通算23本塁打。2年生から4番を打ち、粘りの打撃もできる。大体大浪商の芝本弘平選手は、184cm85kgの立派な体があり、痛烈な打球を放つ。堺高校には通算40本塁打の中山剛選手と30本塁打の鳥羽勇太選手がおり、夏もアーチを描きそう。

阪南大高校の千代舞世選手は投げては146キロを記録し、走っても50m5.9秒を記録。高い身体能力の持ち主で将来が楽しみ。東大阪大柏原の藤末流魁投手もサイドハンドから140キロの球を投げ、打撃でも場外弾を放つなど二刀流として活躍する。

そして1,2年生の逸材も紹介する。大阪桐蔭では中学時に146キロを記録した関戸康介投手、北海道で逸材と注目された184cm88kgの左腕・松浦慶斗投手、セカンドまで1.85秒の強肩を見せる捕手の坂玲哉選手などが1年生。上宮太子の2年生・岡大智選手は50m5秒台で試合でも盗塁をしまくる。スピードスターとして注目したい。

優勝予想

昨年は大阪桐蔭の天下で、今年はセンバツに履正社が出場。秋も優勝が履正社で準優勝が大阪桐蔭だった。しかし、今春は大阪桐蔭が早々と敗れ、大商大高が優勝、箕面学園が準優勝と変動があった。

高い素質を持つ選手が集まる両校を上回る、エース力、チーム力があるところが勝てる可能性があり、大商大高、箕面学園、大阪偕星学園、近大付、東海大大阪仰星、大体大浪商、大商大堺なども勝てるという期待が高い。

それらのチームの対戦を、やはり高い選手力で跳ね返すのか、大阪大会が注目される。

2019年度以降-高校生-大阪府のドラフト候補リスト


PAGE TOP