丹生・玉村昇悟投手が147キロ、試合中に修正し逆転勝利

丹生高, 玉村昇悟

丹生の147キロ左腕・玉村昇悟投手が、福井大会準々決勝で、センバツにも出場した啓新と対戦した。

147キロ記録も

丹生の玉村昇悟投手はこの日、2回に自己最速タイの147キロを記録したが、制球に苦しみ1回と3回に1失点をする。春木監督も「あんな姿初めて見た」という不安定な立ち上がりだった。

味方が2点を奪い2-2の同点としたが6回に再び2失点をする。それでもそれ以降は「投げやすいフォームを探して投げたら後半に調子が良くなった」と話し、徐々に制球も安定を見せた。味方が8点に再び同点に追いつくと、延長10回にサヨナラで勝利し、強豪を撃破した。

24日には優勝候補筆頭の福井工大福井と対戦する。強力打線を相手に玉村投手がどんな投球を見せるか注目したい。

2019年度-高校生投手-左投のドラフト候補リスト
2019年度-高校生-福井県のドラフト候補リスト
夏の高校野球・ 福井大会の展望(2019)と注目選手:ドラフト注目度B

それでも玉村は「自分が腐ったりしたら、ズルズルいってしまう。まだ大丈夫だと思って投げた」と粘り強く投球を続けた。「投げやすいフォームを探して投げたら後半に調子が良くなった」と振り返った。


PAGE TOP