履正社・井上広大選手が高校通算44号ホームラン、阪神が和田TA以下5人態勢で視察

履正社高, 清水大成, 井上広大

大阪大会準々決勝では、履正社が桜宮に2-0で勝利した。4番の井上広大選手が高校通算44号となるホームランを放った。

エースと4番

井上広大選手は4回、先頭バッターとして打席に入ると、レフトスタンドに運ぶソロホームランを放った。「昨日からライナーとコンパクトなスイングを意識している。第1ストライクからいい形で打てました」と話すとともに、「清水が粘っていて点を取れていない中で、自分が打てば流れが来るかなと思った」と話した。

この日はエースで145キロ左腕の清水大成投手が先発し、勢いのあるストレートで3回まで0を並べた。そして4回に井上選手の援護弾+1点をもらうと、エースにさらに力を与え、強豪・桜宮を9回3安打11奪三振無四球で完封した。岡田監督も「さすが履正社のエース。うちの1番やなという投球だった」と手放しで称賛した。

この日はこの二人のいる試合に、阪神が和田TA以下5人態勢で視察をした。担当の渡辺スカウトは井上選手について「大きいのが打てる。非常に楽しみ」と評価した。

阪神にとって地元の4番とエースの候補という事もあり、注目を続けている。この時期までスカウトがこれだけの体制で視察をしているという事は、プロ志望の可能性が高いのかもしれない。

大阪大会は、ライバルとして戦い続けてきた大阪桐蔭がこの日、敗退した。相手は関係ないが、この日のエースと4番の活躍は、甲子園に大きく前進したと印象付けるものになった。

夏の高校野球・大阪大会の展望(2019)と注目選手:ドラフト注目度B | ドラフト会議ホームページ2019 Draft home page
履正社高校のドラフト候補選手の動画とみんなの評価
2019年度-高校生外野手のドラフト候補リスト

初回から三回まで先頭が四球出塁しながら無得点。この嫌な流れを自身通算44本目のアーチで断ち切った。阪神は佐野スカウト顧問、和田TAら5人態勢で視察。渡辺スカウトは「大きいのが打てる。非常に楽しみ」と評価した。

最速145キロ左腕は体をいっぱいに使ったフォームから低めに力強い直球を決めた。変化球のキレもよく、桜宮を寄せ付けず3安打11奪三振、無四死球で完封。2点の援護点で十分な、完璧な内容だった。岡田龍生監督(58)は「さすが履正社のエース。うちの1番やなという投球だった」と手放しでほめた。


PAGE TOP