春日の146キロ右腕・坂元創投手の快進撃が止まる、「大学に行って上に」

西日本短大付, 江崎陸, 坂元創, 春日高, 大学・社会人志望表明

高校野球福岡大会では、春の九州チャンピオン・西日本短大付と、プロ注目146キロ右腕・坂元創投手を擁する春日が対戦し、2-1で西日本短大付が勝利した。

快進撃止まる

春日高校は、毎年、福岡大会の4回戦くらいまで勝ち上がる県内の強い高校の一つだが、今年は146キロのストレートを投げプロのスカウトが注目した坂元創投手がおり、飯塚高校などを倒しベスト8まで勝ち上がっていた。

そしてこの日、春の九州大会チャンピオン・西日本短大付と対戦した。相手のエース・江崎陸投手は、坂元投手と同じ春日西中学校で、少年野球で同じチームになったことはないが、「投げ合えたらいいね」と話していたといい、その二人のエースが先発した。

試合は両エースが素晴らしい投球を見せる。坂本投手は140キロのストレートを軸に、江崎投手も持ち前の制球力を武器に6回まで0-0の投げ合いを演じる。7回に坂元投手が1点を失うと、8回表に江崎投手が1点を失った。しかし8回裏に坂元投手がもう1点を失い、9回表を江崎投手が抑えた。坂元投手は8回9安打7奪三振2失点、江崎投手は9回9安打4奪三振1失点という内容だった。

試合後に「ありがとう」と握手を交わした両エース、江崎投手はまた続く甲子園への道を進み、坂元投手は「大学で力をつけてプロに行きたい」と、大学進学の意思を明らかにした。

坂元投手は九州共立大や九州産業大などの地元の有力大学に進むか、それとも関東の大学に進むのかはわからないが、大学4年間で186cmから146きろを投げる右腕は、どこに行っても注目される投手になるだろう。

2019年度-高校生-福岡県のドラフト候補リスト
夏の高校野球・福岡大会の展望(2019)と注目選手:ドラフト注目度A
2019年度-高校生投手-右投のドラフト候補リスト

試合後は涙どころか、笑顔も浮かべ「負けたのは悔しいけど、みんなでいい守備ができた。自分も最後は思うところに投げられていた」と悔いはない。卒業後の進路については「将来はプロに行きたい気持ちはあります。でも今のまま、プロにいっても通用しない。大学にいってもっと上のレベルに成長したいです」と話した。


PAGE TOP