智弁和歌山、東妻純平選手はプロ志望届提出明言、黒川史陽選手も提出へ

智弁和歌山, 東妻純平, 黒川史陽, プロ志望表明

星稜に敗れた智弁和歌山、プロ注目の東妻純平捕手は試合後にプロ志望届を提出することを明言した。

プロの世界で

東妻純平捕手はこの日、先発した2年生の小林樹斗投手が調子が悪かったものの、マウンドに何度も足を運んで励まし、また好リードで失点を1しか許さなかった。そして同じく2年生の矢田真那斗投手からも好投を引き出すと、エース・池田陽佑投手とのコンビネーションは抜群で、140キロ中盤の球を使わずに変化球やインコースの球をうまく使い、星稜打線を13回まで抑えた。

東妻選手は高校1年生の夏から甲子園に出場すると、5大会連続で甲子園出場を果たした。2年生の春には正捕手としてマスクを被り、準優勝を経験した。しかしこのときは高嶋監督にベンチから大声で怒鳴られるなど厳しい指導を受けながら成長を見せていた。そして監督が元プロで捕手の中谷監督に代わり、配球や捕手としての動きを叩き込まれてさらに成長すると、この夏のこの試合でその集大成を見せた。東妻選手は「すごく濃い、高校3年間でした」と話し、充実した笑顔を見せた。

東妻選手は試合後にプロ志望届を提出することを明言した。千葉ロッテ、阪神など捕手の獲得を目指す球団から名前が挙げられており、ドラフト会議では1位か2位での指名となりそうだ。

黒川選手は明言せず

また、強打のセカンドで、主将としてもチームに厳しい姿勢を見せながら引っ張ってきた黒川史陽選手も、東妻選手、西川晋太郎選手と共に甲子園5季連続出場を達成した。この日は奥川投手の前に6打数ノーヒットに終わり、今大会は初戦に3打数ノーヒット、明徳義塾戦で4打数1安打と、1番を任されたものの活躍を見せられず「悔しいです。終わらせたくなかった」と話した。

しかし、「プロで活躍するために、今日の失敗は次に生かしたい」と話し、この大会の悔しさを次のステージで晴らすことを誓った。進路を明言はしなかったが、プロ志望届を提出する見込み。強打のセカンドで、抜群のリーダーシップを持つ黒川選手の指名が注目される。

智弁和歌山高校のドラフト候補選手の動画とみんなの評価
2019年度-高校生捕手のドラフト候補リスト
2019年度-高校生内野手のドラフト候補リスト

プロ注目の捕手、智弁和歌山・東妻は、プロ志望届を提出することを明言した。星稜・奥川に無安打に抑えられたものの、中谷監督直伝の配球で3投手を好リード。サヨナラ本塁打を浴びた1球については「内角に甘く入ってしまった」と悔やんだが、「すごく濃い、高校3年間でした」と晴れやかな表情で振り返った。

U18日本代表候補合宿で仲良くなった奥川の前に6打数無安打。「負けたくない気持ちが奥川の方が勝っていた。人生で一番気合の入った球を見ました。素晴らしい球でした」と負けを認めた。
進路は未定だが「プロで活躍するために、今日の失敗は次に生かしたい」と前を向いた。

主軸の黒川史陽、東妻純平はともにプロ志望届を出す見込み。「夢であるプロで活躍するためにも、この敗戦を忘れない」と黒川は決意を新たにした。


PAGE TOP